逆転オセロニア、ディー・エヌ・エー(DeNA)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【DeNA3Q決算説明会②】内製・協業アプリが好調…オリジナ...

【DeNA3Q決算説明会②】内製・協業アプリが好調…オリジナル作品『逆転オセロニア』は4Qに入ってDAU急増、売上ランキングもTOP20に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>の守安功社長(写真)は、この日(2月8日)開催の決算説明会で、同社の複数の内製・協業アプリが年末年始のプロモーションやイベント、アップデートなどの施策が奏功し好調に推移していることを明らかにした。オリジナルタイトル『逆転オセロニア』をはじめ、『キン肉マン マッスルショット』『ONE PIECEサウザンドストーム』『FINAL FANTASY Record Keeper』『スーパーガンダムロワイヤル』などで売上ランキングのTOP100の常連タイトルとなっている。

 


特に好調なのが『逆転オセロニア』だ。リリースから1年経過したタイトルだが、ユーザーコミュニテイの形成や、ゲームの質向上に注力する一方、2016年の年末年始のプロモーションを強化したところ、第4四半期に入ってDAU(日次アクティブユーザー数)が大きく伸びたという。AppStore売上ランキングでもTOP20に入るなど活躍を見せた。守安氏は「DAUがかなり拡大した。継続して利用されており、ユーザーベースが積み上がっている」とし、第4四半期での業績への貢献に期待を示した。

 
▲内製・協業タイトルのコイン消費も第3四半期の82億円からの増加が見込まれる。
 

出所:AppAnnie


なお、同社では、運営と改善を継続して大型化の見込めると判断したタイトルについては、開発・運営に関わる人員を増やして、運営面の強化を行いつつ、マーケティング活動を予算を投下しているとのこと。リリースしたタイトルについては、いきなり多額の広告宣伝費をつぎ込んでユーザーを増やすようなやり方はとっていないとのこと。



【関連記事】
【DeNA3Q決算説明会①】『マリオラン』投入でグローバルのコイン消費は国内ブラウザを上回る 『ファイアーエムブレムヒーローズ』も順調な出足
【速報】DeNA、3Qは営業益27%増で着地 通期予想に今年2月以降リリースのタイトルは織り込まず キュレーションは売上ゼロで予想(グラフ追加・追記)

 
​(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エヌ・エー(DeNA)16年10-12月決算逆転オセロニア

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1437億円、営業利益198億円、最終利益113億円(2016年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事