16年10-12月決算、ボルテージに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算分析】ボルテージの決算説明資料より…2Qは新シリーズや...

【決算分析】ボルテージの決算説明資料より…2Qは新シリーズや実験作などの立ち上げに苦戦 カジュアル層向けに加え、コア層向けの実験作も開発中

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
2月8日に発表されたボルテージ<3639>の2017年6月期の第2四半期累計(7~12月)の連結決算は、売上高47億7500万円(前年同期比15.5%減)、営業利益8900万円(同58.3%減)、経常利益1億1500万円(同42.9%減)、四半期純利益4400万円(同55.3%減)となった。

また、同日に2017年6月期通期の連結業績予想の修正を発表しており、売上高は従来予想113億円から95億円(増減率15.9%減)、営業利益は同6億円から1億5000万円(同75.0%減)、経常利益は同6億円から1億5000万円(同75.0%減)、四半期純利益は同3億4000万円から1000万円(同97.1%減)といずれも下方修正された。

【関連記事】
ボルテージ、17年6月期業績予想を下方修正…営業益は6億円→1.5億円に下ブレ 「パズルアクション」や「シークシリーズ」が想定を下回って推移

今回はボルテージが開示した決算説明資料から、その決算内容の詳細を分析してみたい。
 

■基幹シリーズに加え、新シリーズや実験作も苦戦


まずは事業区分別の四半期業績推移を見てみると、会社側が想定していた基幹シリーズが落ち込んだだけでなく、「シークシリーズ」などの新シリーズ、そして「パズルアクションゲームシリーズ」など実験作もやや落ち込んでいる。同社は、新たなビジネスモデルの確立に向けた動きを進めているが、今のところその立ち上げが遅れている状況と言えよう。
 


また、ターゲットとするユーザーを同社の従来のターゲットであるカジュアル層からコア層に広げていく戦略が進められていることも明らかにされた。現在はコア層向け実験作を開発中で、半年後に両層に向けた2輪展開を行っていく予定としている。
 


■VR、AR、AI体験を付加したコンテンツを展開へ


直近のトピックと言えるのは、2月1日に子会社ボルテージVRを設立したことだ。同社では、基幹シリーズの「恋アプ」にVR・AR・AI体験を付加したコンテンツを展開していくという。そして、実際にVR体験を付加した『椅子ドンVR~一ノ宮英介編~』、AR体験を付加した『ポケカレAR』を既にリリースしている。
 


■3Qは『天下統一恋の乱 Love Ballad』の新章と複数の新作をリリース予定


なお、新作アプリのローンチスケジュールは以下の通り。第3四半期期間は主力タイトルの『天下統一恋の乱 Love Ballad』において、配信2周年を記念した新章をアプリ内配信するほか、今後さらに新シリーズで2タイトル、実験作も2タイトルのローンチが予定されているもようだ。
 
 
(編集部:柴田正之)

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 16年10-12月決算ボルテージ

企業情報(株式会社ボルテージ)

会社名 株式会社ボルテージ
URL http://www.voltage.co.jp/
設立 1999年9月
代表者 代表取締役会長兼社長 津谷祐司
決算期 6月
直近業績 売上高112億1900万円、営業利益5億3000万円、経常利益4億8800万円、当期純利益2億0800万円(2016年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事