16年10-12月決算、ハピネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ハピネット、17年3月期の営業益予想を40億円→35億円に下...

ハピネット、17年3月期の営業益予想を40億円→35億円に下方修正…仮面ライダー、ジュウオウジャー、プリキュア貢献も上期の遅れ挽回できず

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
玩具卸大手のハピネット<7552>は、この日(2月9日)、2017年3月期の連結業績予想を下方修正し、売上高1720億円(前回予想1900億円)、営業利益37億円(同40億円)、経常利益35億円(同40億円)、最終利益22億円(同26億円)とした。従来予想からの修正率は、売上高9.5%減、営業利益7.5%減、経常利益12.5%減、最終利益15.4%減となる。

 


同社では、最大の商戦期であるクリスマス・年末年始商戦においてヒット商材にも恵まれ堅調に推移したものの、上期の落ち込みをカバーするまでには至らなかった、としている。年末商戦では、「仮面ライダーエグゼイド」、「動物戦隊ジュウオウジャー」、「魔法つかいプリキュア!」などのキャラクター商材を中心に好調に推移したとのこと。

なお、ゲーム関連については、「ポケットモンスター サン・ムーン」のほか、「PlayStation4」本体と関連商材が好調だったが、ソフト配信やスマートフォン向けゲームの影響等による市場縮小に伴い、売上高は前年同期を下回ったという。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 16年10-12月決算ハピネット

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事