16年10-12月決算、エヌジェイホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > NJHD、3Qは売上高17%増ながら3.8億円の営業赤字を計...

NJHD、3Qは売上高17%増ながら3.8億円の営業赤字を計上 未配属原価の抑制や新規取引先の開拓で3Q期間(10~12月)のゲーム事業は黒字に転換

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目ワード : 

エヌジェイホールディングス<9421>は、2月13日、2017年3月期の第3四半期累計(4~12月)の連結決算を発表、売上高38億6800万円(前年同期比17.2%増)、営業損益3億8200万円の赤字(前年同期5億200万円の赤字)、経常損益3億9300万円の赤字(同5億1400万円の赤字)、最終損益4億7400万円の赤字(同4億6500万円の赤字)となった。
 

ゲーム事業について見てみると、第3四半期累計期間の売上高は、運営受託による売上増加および工事進行基準適用案件の増加などから、32億5400万円と前年同期と比べて62.6%の増収となった。一方で、セグメント損益は、上期において受注見込みであった案件の中止および延期などが重なったことにより未配属原価が想定を大きく上回ったことを受け、未配属原価の抑制や新規取引先の開拓に取り組んだことで、第3四半期期間(10~12月)は黒字に転換したものの、運営終了タイトルの発生や新規案件の受注の遅れなどから、3900万円の損失計上(前年同期2億1000円の損失計上)と赤字幅を圧縮するのにとどまった。


なお、2017年3月期通期の予想については、第2四半期決算発表時の修正予想から変更なく、売上高100億円(前期比10.2%増)、営業損益2億円の赤字、経常損益2億1000万円の赤字、最終損益2億9000万円の赤字の見込み。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エヌジェイホールディングス16年10-12月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事