16年10-12月決算、カヤックに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【カヤック決算説明会①】ソーシャルゲーム事業の新作は「下期に...

【カヤック決算説明会①】ソーシャルゲーム事業の新作は「下期に3~4本をリリース」(柳澤氏) 共同タイトルは開発費用を軽減できるメリットも

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

カヤック<3904>は、2月14日、東京都内で2016年12月期の決算説明会を開催した。同社の代表取締役CEOの柳澤大輔氏が決算の業績概要と、各サービスの状況についての説明を行った。今回はその中からソーシャルゲーム事業のサービス状況について取り上げたい。

同社のソーシャルゲーム事業は、タイトルが入れ替わる端境期、いわゆる新陳代謝の時期にある。2016年は新作がなかったが、「今期は下期に3~4本をリリースする計画」(柳澤氏)だという。

これらのタイトルは、オリジナルタイトルと共同タイトルを合わせたもので、「共同タイトルにすることで、100%自社で負担していた開発費用を軽減できることがメリット」(同)としていた。

なお、これら新作タイトルのリリースが下期となることもあって、2017年12月期も下期偏重の業績となる見通しだ。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カヤック16年10-12月決算

企業情報(株式会社カヤック)

会社名 株式会社カヤック
URL http://www.kayac.com/
設立 2005年1月
代表者 柳澤大輔/貝畑政徳/久場智喜
決算期 12月
直近業績 売上高54.97億円、営業利益6.43億円、経常利益6.87億円、純利益4.77億円(2016年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3904

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事