エディアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(3/2)】新作『アニドルカラーズ』を発表のボ...

【ゲーム株概況(3/2)】新作『アニドルカラーズ』を発表のボルテージが大幅続伸 「Yahoo!カーナビ」新機能に技術協力のエディアも後場急騰

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
3月2日の東京株式市場では、日経平均株価は3日続伸し、前日比171.26円高の1万9564.80円で取引を終えた。米国の早期利上げ観測が強まる中、為替が1ドル=114円台と円安方向に振れたことで、寄り付きから買いが先行する展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ボルテージ<3639>が大幅続伸し、終値ベースでは昨年7月以来となる1200円台を回復した。ボルテージは、前日(3月1日)に新ブランド“ボルテージ ドリーム”の第一弾タイトルとして、アニマルアイドルを育成するチームドラマアプリ『アニドルカラーズ』を発表したことが材料視された。

また、同じく前日に『駅メモ!』でサンリオ<8136>のキャラクタープロジェクト「SHOW BY ROCK!!」とのコラボイベントを開催することを発表したモバイルファクトリー<3912>も買われ、「Yahoo!カーナビ」の新機能「きせかえボイス」への技術協力とその開発を行ったことを発表したエディア<3935>も後場に一時2600円台後半まで買われる場面があった。

ほか、ドリコム<3793>やオルトプラス<3672>、モブキャスト<3664>なども高い。

半面、アエリア<3758>は、3000円台まで買われてきた反動による利益確定の売り物に押され、アカツキ<3932>やシリコンスタジオ<3907>などもさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エディアボルテージ

企業情報(株式会社ボルテージ)

会社名 株式会社ボルテージ
URL http://www.voltage.co.jp/
設立 1999年9月
代表者 代表取締役会長兼社長 津谷祐司
決算期 6月
直近業績 売上高112億1900万円、営業利益5億3000万円、経常利益4億8800万円、当期純利益2億0800万円(2016年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事