さんぽけ ~三国志大戦ぽけっと~、セガ・インタラクティブ、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム事前登録記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【発表会】『さんぽけ』は『三国志大戦』のDNAを受け継いだス...

【発表会】『さんぽけ』は『三国志大戦』のDNAを受け継いだスマホゲーム…アーケード連動などセガならではの展開も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



セガ・インタラクティブは、この日(3月16日)、今春リリース予定の『さんぽけ ~三国志大戦ぽけっと~(以下、さんぽけ)』のメディア向けの発表会を開催した。『三国志』ということもあり、横浜中華街にある「均元桜」での開催となった。司会は、声優の櫻井慎二朗さんが担当した。発表会には、『三国志大戦』総合プロデューサーで、第一研究開発本部長の西山泰弘氏と寺田康太氏がゲームの概要を説明した。
 
▲司会を担当した櫻井さん。『三国志大戦』で孟達、馬元義、張繍を演じている。


まず、プロデューサーの西山氏(写真)が登場し、プロジェクトの概要と狙いについて説明した。マルチデバイス・ワンサービス第4弾タイトルとなる本作だが、現在、アミューズメント施設で好評稼働中のネットワークカードアクションゲーム『三国志大戦』制作チームが手掛ける、スマートフォン向け新感覚ボード型パズルRPGとなっている。
 


アーケードゲーム『三国志大戦』は、昨年12月に復活し、814店舗で導入されるなど好調な稼働状況にある。ゲームは対戦ゲームとして提供されているが、スマートフォンアプリとして開発するにあたって幅広いユーザーに触ってもらいたいと考え、コンセプトを「誰でも遊べる三国志大戦」にしたと明かした。そして、「セガならではのアーケードとスマホの連動など新しい取り組みをやりたい」と述べた。
 


『三国志大戦』は、フラットリーダーに配置したカードを動かして遊ぶのだが、これをスマートフォンで実現するのは難しい。そこでキャラクターをグリグリと動かす『三国志大戦』の要素を活かしたシミュレーション戦闘パズルとした。手軽に遊べるものの、爽快感や奥深さを用意した。三国志のシナリオも用意しており、「三国志の魅力を感じてもらえるようなゲーム」になっていると自信を示した。
 


続いて、ディレクターの寺田氏がゲームシステムやアーケード連動の概要について説明した。ゲームのメインコンテンツは、シナリオモードと、個別の武将にスポットを当てた武将列伝、イベントとなっている。
 


まず、メインシナリオは、三国志の壮大な物語が楽しめるモードとなっている。魏呉蜀のマルチシナリオとなっており、武将列伝では、君主だけでなく、いろいろな武将や登場人物にクローズアップしたシナリオとなっているという。「いろいろな武将が手に入れたくなる仕組みになっている」。
 


メインシナリオにおけるバトルは、6×6のMAP上を4人の武将を率いて戦っていくパズルゲームだ。複数のWAVEが用意されており、全てクリアすると次のシナリオに進むことができる。気になるバトルの方法は、フィールド上に配置された5人の武将(他のプレイヤーの武将も1名入る)をグリグリと動かし、武将ごとに設定されている「矢印」を敵に当てて攻撃していく。
 


パズルの攻略ポイントは連携攻撃だ。『パズル&ドラゴンズ』や『テラバトル』などのように選択した武将を動かして味方武将の上を通過させると、入れ替わるようになっている。味方をうまく動かして、複数の武将で敵を攻撃させることが攻略のポイントになる。また、武将ごとに攻撃できる方向が異なっているため、武将の編成をどうするかもポイントになってくるだろう。
 


「スキル」に該当する「計略カード」にはTCGのような要素が導入されている。武将1人につき2枚ずつスキルがあり、バトルでは合計10枚のスキルを持ち込むことができる。そしてバトルでは、バトル中にたまった「士気」を使って発動する。TCGのような要素というのは、10枚の計略カードでデッキを組んでドローしながら使っていくという点にある。武将をタップして発動させる、というものではなく、このあたりは本作のユニークさであろう。
 


このほか、セガならではといえそうだが、『三国志大戦』との連動も行っていく考え。『さんぽけ』でガチャを回すと、『三国志大戦』で使えるアイテム「貨幣」を入手することができる。これを使うと、『三国志大戦』で特別なカードと交換できる。ただし、気になるカードの性能だが、特別有利なものにするものではなく、「『さんぽけ』を遊んでいたからといって、『三国志大戦』の対戦が特別有利になるものではない」という程度になるそうだ。
 


また、「スマホ義勇軍」と呼ばれる要素も導入する。『さんぽけ』のインストールされたスマートフォン端末を「フラットリーダー」の代用品として使えるものだ。例えば、友人と一緒にゲームセンターにいって、1人が筐体で遊びつつ、もう1人がその背後でスマートフォンで操作して手伝う、といったことができる。ときに足を引っ張ることになる可能性もあるが、友人などとワイワイ楽しんで欲しいという。
 


なお、現在、事前登録の受付がスタートした。詳細は以下のとおり。
 


 
■☆4 武将「大喬」が手に入る!事前登録 3 大キャンペーン

なお、事前登録数・公式 Twitter のフォロワー数の達成人数に応じてガチャなどに利用できる「宝珠」や、☆4 武将「大喬」をサービス開始時に全員にプレゼントする。また、iTunes Card や Google Play ギフトカードが当たるリツイートキャンペーンも同時開催するという。
 


◇事前登録キャンペーン
<報酬一覧>
5 万人突破…宝珠総数 50 万個(1 人あたり 10 個)
10 万人突破…宝珠総数 300 万個(1 人あたり 30 個)
20 万人突破…☆4「大喬」+宝珠総数 1,000 万個(1 人あたり 50 個)
25 万人突破…宝珠総数 1,750 万個(1 人あたり 70 個)
35 万人突破…宝珠総数 3,500 万個(1 人あたり 100 個)


◇公式 Twitter フォロワーキャンペーン
<報酬一覧>
5,000 人フォロー突破…宝珠を全員に 1 人あたり+10 個
10,000 人フォロー突破…宝珠を全員に 1 人あたり+20 個
15,000 人フォロー突破…宝珠を全員に 1 人あたり+30 個
20,000 人フォロー突破…宝珠を全員に 1 人あたり+50 個


◇公式 Twitter リツイートキャンペーン
『さんぽけ』公式 Twitter アカウントをフォローして 該当ツイートをリツイートした人の中から抽選で iTunes Card や Google Play ギフトカードをプレゼン。詳しくは事前登録ページを確認してほしい。


 
(編集部 木村英彦)


 
■関連サイト
 

事前登録ページ

公式 Twitter




© SEGA
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( さんぽけ ~三国志大戦ぽけっと~セガ・インタラクティブ三国志大戦

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事