リベル・エンタテインメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アエリア、17年12月期もリベル・アスガルド作品でニッチトッ...

アエリア、17年12月期もリベル・アスガルド作品でニッチトップを目指す リベル第三弾タイトルはランド・ホーとの共同開発、17年夏に配信予定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
アエリア<3758>は、3月17日に決算説明会資料を同社サイト上で公開し、スマートフォンゲームを中心とするコンテンツ事業については、今期(2017年12月期)は引き続きニッチ・マーケットを深耕しつつ、メディアミックスで幅広いユーザーへ訴求を図り、収益の拡大を目指すことを明らかにした。足元で"結果"が伴っていることもあり、前の期から大きな方針変更はないようだ。

リベル・エンタテインメントの人気タイトル『アイ★チュウ』や『A3!』とアスガルドの人気作品で、ニッチ・マーケットに展開するとともに、アニメなどメディアの多様化に対応し、コンテンツの付加価値創出を目指すとのこと。さらに、ゲーム以外のスマートフォン向け新規コンテンツにも取り組む考えだ。さらに、開発体制と海外展開の強化のため、引き続きM&Aを行なうだけでなく、有力企業との資本提携を含む提携を積極展開していく、としている。
 


具体的な展開としては、『A3!』と『アイ★チュウ』など既存タイトルの強化を行なうとともに、2017年夏にリベルの自社開発第3弾タイトルとして「次世代戦艦シミュレーションゲーム」を提供する予定。こちらはすでに発表されているが、ランド・ホーとの共同開発となる(関連記事)。またGESIの第2弾タイトル『秘密の宿屋』も今春リリース予定。ゲーム以外の展開としては、アスガルドのhoneybee⼈気ブランド『DYNAMIC CHORD』のアニメ化が決定した。こちらの詳細については後日発表となる。
 


ファーストペンギンとエアネットの展開するITサービス事業の収益拡大と合わせて、2017年12月期は、売上高67億円(前期比13.4%増)、営業利益6億円(前期は16億円の赤字)と黒字転換を見込む。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アスガルドアエリアリベル・エンタテインメント

企業情報(株式会社リベル・エンタテインメント)

会社名 株式会社リベル・エンタテインメント
URL http://liberent.co.jp/
設立 2006年9月
代表者 林田 浩太郎
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高59億600万円、営業損益15億9600万円の赤字、経常損益14億2000万円の赤字、当期純損益21億4700万円の赤字(2016年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事