カヤックに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム法務記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > カヤック、人工ニューラルネットワークの新技術の特許を出願 法...

カヤック、人工ニューラルネットワークの新技術の特許を出願 法人や個人のAI活用を支援する人工知能研究開発室「カヤックAI部」を設立

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
カヤック<3904>は、「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」(以下、AI)の膨大なパーセプトロンが繋がったニューラルネットワークを最小単位のパーセプトロンのみで分散構成するための技術に関する特許を出願したことを発表した。また、本特許出願と同時に人工知能研究開発室「カヤックAI部」を設立したことも併せて発表している。

・特許出願中の技術について
今回特許出願した技術は、人工ニューラルネットワークをパーセプトロン単位に分解し、何度も値を変えながら同じ処理(計算)をすることで、既存の人工ニューラルネットワークと同様の機能を最小のメモリー空間で実現する。これにより、インフラストラクチャーへの設備拡充やハードウェアの増強といった投資負荷を軽減することに繋がる。さらに、スマートフォンなどのハードウェアのデバイスでも人工ニューラルネットワークと同様の機能を構築し、既存のAIと同様の結果を算出することが可能になる。



・「カヤックAI部」の活動について
近年、AIの技術が発展することで様々な変革が予想されているが、これまでのAI活用は、AIに処理・学習させるためのビックデータを収集するための投資と、そのビッグデータを処理するためのハードウェアへの投資という、2つの側面からの投資が必要だった。「カヤックAI部」では、2側面の投資負荷を軽減し、これまでAIの活用が難しかった法人や個人向けに新しいソリューションの開発基盤となる技術を提供しておぃ。そして、カヤックの経営理念である「つくる人を増やす」を実現し、よりよい社会へと貢献していく方針だ。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カヤック

企業情報(株式会社カヤック)

会社名 株式会社カヤック
URL http://www.kayac.com/
設立 2005年1月
代表者 柳澤大輔/貝畑政徳/久場智喜
決算期 12月
直近業績 売上高54.97億円、営業利益6.43億円、経常利益6.87億円、純利益4.77億円(2016年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3904

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事