GRANBLUE FANTASY The Animation、Cygamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【AnimeJapan2017】1話〜5話もチラ見せ!ジータ...

【AnimeJapan2017】1話〜5話もチラ見せ!ジータのアニメ登場も決定した『GRANBLUE FANTASY The Animation』スペシャルステージ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

アニプレックスは、本日3月25日、東京ビックサイトで行われている「AnimeJapan 2017」にて、『GRANBLUE FANTASY The Animation』のスペシャルステージを実施した。

『GRANBLUE FANTASY The Animation』スペシャルステージでは、声優の小野友樹さん、東山奈央さん、金元寿子さん、釘宮理恵さん、加藤英美里さん、平田広明さんが登壇。『GRANBLUE FANTASY The Animation』の最新情報等を紹介した。

本稿ではそのステージの様子をお伝えする。
 

ステージイベントが始まり、早速壇上に登場したキャストの面々。司会が男性キャストの2人である小野さん、平田さんはを『お笑い担当ですか?」と問いかけるシーンもあり、会場の笑いを誘った。また、今回この6人のキャストが集まってイベントを開催するのは初めてとなり、とても貴重なステージとなる。『グランブルーファンタジー』おきまりである「グラブってますかー?」の掛け声でステージが開始された。

最初のコーナーとして、4月から放送が開始される『GRANBLUE FANTASY The Animation』を先行チラ見せとして、現在出演がきまっていない金元さんのキャラクター以外のキャラクターを紹介する映像を公開。こちらの映像は、1話〜5話を使ったものとなるという。また、キャラクターごとに2つの映像が用意されており、どちら映像が公開されるかは壇上のキャストのみなさんの判断に委ねられる。
 

最初は主人公、小野さんが演じるグランの紹介。映像は「グラン、初めてのバトル」と「グラン、旅立ちの決意」ということ。壇上のキャスト陣はやはり迫力のあるバトルシーンを選択。ルリアを守って戦うシーンが紹介された。

続いては東山さん演じるルリアの紹介。東山さんによると、「ゲームよりアニメのほうがヒロインをしている」とのこと。また、食いしん坊な部分もアニメでも見ることが可能かもしれないと話していた。ルリアの映像は、「ルリア、グランと命を繋ぐ」と「ルリア、グランの復活を喜ぶ」という二つのシーン。こちらでは、「ルリア、グランの復活を喜ぶ」シーンが選択された。上半身はだかのグランにルリアが抱きつくところで、ニヤニヤするアニメならではのシーンとなっていた。
 

次に釘宮さん演じるマスコット的なビィの紹介となる。ビィでは、「ビィ、気持ちはグランと一緒」「ビィ、あの二人組にリンゴで釣られる」というものだった。ここでは「おいらはビィ(B)」ということで、「ビィ、あの二人組にリンゴで釣られる」シーンが紹介。こちらの映像は4話から抜粋されたシーンで、初公開となった。
 

平田さん演じるラムカの紹介では、「ヤングラムカ」と「グランサイファー出撃!」の2つのシーンが。「ヤングラムカ」に後ろ髪を引かれつつも、出演者の選択は「グランサイファー出撃!」のシーン。ゲームではワンクリックで出撃するグランサイファーが、手順をふんで出撃する迫力のシーンであった。
 

続いては、加藤さんのシェロカルテの紹介。各島になぜかいるショップ店員の謎の多いシャロカルテのシーンは、「シャロ、注意する」「シャロ、依頼する」の2つ。ここは珍しい「シャロ、注意する」が選択され、意外とアクロバティックなシェロカルテが公開された。
 

次のコーナーは『GRANBLUE FANTASY The Animation』のアニメグッズ企画会議。ゲームではグッズがたくさん展開されている『グランブルーファンタジー』ではあるが、アニメのグッズはまだ存在しないのというので、キャスト陣が自分の欲しいグッズをプレゼンして、それを商品化するという企画だ。ここで、『GRANBLUE FANTASY The Animation』のプロデューサーである鈴木氏が登場し、実際にジャッジをした。

小野さんは、マトビィシカや、ジェリービィンズ等のビィのグッズと、ルリアの胸の宝玉の商品化をプレゼンした。鈴木氏からは「検討する」という返答が。

東山さんは、ルリアの持っているノートの商品化を希望。ここはゲーム内にもアニメにも登場するアイテムということで即決定が出された。

釘宮さんは、びびびビィムやビィサンダルといったやはりビィに関わるグッズを紹介。ここでも即採用が出された。

平田さんは、2年前のゲームショウのステージでも登場したラカム危機一髪を商品化して欲しいと希望。鈴木氏は、「悲願ということで、がんばります。期待していてください」と力強い言葉が。

次の加藤さんは、シェロカルテのオウムの形をしたぬいぐるみを希望し、ここでも検討するとのコメントが飛び出した。

最後に、金元さんは「そんな、グッズ化なんて…ジータちゃんがアニメに出れればそれで…」と謙虚ながらも、このメンバーのなかで唯一アニメに出演が決まっていない悲しみをアピールした。

そんな金元さんに鈴木氏から朗報が!なんと、ジータのアニメへの出演が決まってたとが発表された。いつ、どんな形で出演になるかは今後発表予定となるが、かなりガッツリの登場になるとのこと。

嬉しい発表をもって、この『GRANBLUE FANTASY The Animation』スペシャルステージは幕を閉じた。
 
 
■関連サイト
 

公式サイト

公式Twitter


 

(C)アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CygamesアニプレックスGRANBLUE FANTASY The Animation

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL http://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

シナリオライター

ゲームの世界観をテキストで表現する業務です。 クエストストーリー、イベントストーリーや、ゲームに出てくるキャラクターのシナリオ、フレーバーテキストの作成、各種発注・調整業務をして頂きます。

ゲーム開発エンジニア(サーバーサイド)

・ソーシャルゲームの設計/開発/テスト/運用 ・開発環境の構築(サーバ・DB構築、モックアップ作成、プログラミング、単体テスト、バージョン管理) ・運用時の負荷軽減などによるプログラムの高速化 ・WEB技術のスキルアップ、ノウハウ共有 ・お客様からのお問い合わせについての調査対応

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・弊社にて開発・運用中のタイトルのキャラクターから背景まで一枚のイラスト ・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームプランナー

ゲームの仕様を各部署と検討し、仕様やシナリオの作成をしていきます。 また、リリース後にはKPIを分析しながらユーザの動向をみてコンテンツ内のイベントなどの企画、運用を実施して頂きます。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事