ユニティ・テクノロジース・ジャパンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ユニティ、国内最大最大級のUnity開発者イベント『Unit...

ユニティ、国内最大最大級のUnity開発者イベント『Unite 2017 Tokyo』講演ラインナップを一部公開…Cygamesによる『Shadowverse』の開発事例も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、5月8、9日の2日間にわたって開催される国内最大のUnityカンファレンスイベント『Unite 2017 Tokyo』の講演ラインナップを一部公開した。

Uniteとは、Unityの最新情報と実践的なセッションを提供するUnity主催の公式カンファレンス。近年の来場者数の増加を受け、有楽町の東京国際フォーラムで実施する。来場者数は2日間で延べ約6000名となる見通しで、国内最大のUnityデベロッパーイベントとなる。
 


イベントでは、ここでしか聞けない多数のテクニカルな講演をはじめ、最新のUnityコンテンツやVR/ARコンテンツ、様々なミドルウェアとの連携や非ゲーム分野での事例紹介、展示などを行なう。今回公開となった講演ラインナップの一部は以下のとおり。タイムテーブルや詳細については4月下旬にあらためて公開する予定(講演一覧)。


 
講演名 スマートフォンでどこまでできる?3Dゲームをぐりぐり動かすテクニック講座
登壇者
安原 祐二<ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社>
概要 ゲームのクオリティは、ちょっとした工夫を重ねることで高くなります。このセッションでは、実際にゲームのプロトタイプを試作する過程で遭遇した様々な課題について、具体的な解決方法を提示していきます。どうしたら限られたハードウェアの性能で、効果的な映像を作れるのでしょう?スマートフォンに限らず、様々なプラットフォームにおける開発の悩みを解決するヒントになります。一部、やや高度な内容になりますが、わかりやすく説明します。
こんな人におすすめ ・アプリケーションエンジニア全般
・エンジニアリングの感覚を知りたい非エンジニア職全般
受講者が得られる知見 ・最適化の具体例
・グラフィクスやプラグインの理解
・問題解決のための総合的な考えかた
 
 
講演名 ゲームの見た目も盛ったら変わる!!!!ヤバい!!ポストプロセス!!入門!!!!!!!!!
登壇者
高橋 啓治郎<ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社>
概要 写真を撮ったらフォトショで「盛る」のは当たり前、ゲームの見た目もリアルタイムに盛れたらいいのに……そんな願いを叶えるのが、Unityの新 アセットPost-processing Stackです。簡単な色味や明るさの調整から、SSAOやSSRのように見た目をガラッと変える高度なエフェクトまで、 Unityのポストプロセスでできることのすべてをお話しします。
こんな人におすすめ ・Unity上でポストプロセスしたいアーティスト
・Unity上のポストプロセスの仕組みを知っておきたい技術者
受講者が得られる知見 ・Post-processing Stackの基本的な使い方と活用方法
・Post-processing Stack使用上の落とし穴・注意点
 
 
講演名 Virtual Design and Construction + AR/VR
登壇者
丹野 貴一郎<清水建設株式会社>
概要 建築分野では近年コンピューター内で設計から施工までの検討を行うVDC(Virtual Design and Construction)という手法が広がりつつあります。VDCにおいてUnityを活用したAR/VRによる検討の取り組みを紹介します。
こんな人におすすめ ・非ゲーム分野でのUnity活用状況に興味のある方
受講者が得られる知見 ・非ゲームアプリケーションでのUnity運用状況
 
 
講演名 『Shadowverse開発事例』 ~美麗カードが動く!制作テクニックのすべて~
登壇者
大道 賢人<株式会社Cygames>
島村 亜空<株式会社Cygames>
概要 Shadowverseは、美麗なカードイラストや豪華なアニメーションが特徴の、スマートフォン向け本格デジタル TCG です。2016 年 6 月のリリース以降、 3 カ月に 1 度のペースで新カードを配信し、現在の総枚数は 700 枚を超えています。このセッションでは、シェーダーを使ったカードの多彩でハイクオリティなエフェクト表現方法と、それを支える開発テクニックを、開発フローと共に紹介します。
こんな人におすすめ ・Unityプロジェクトの開発や運営を行っている方
・これからUnityで開発を行いたい方
・シェーダー、またはシェーダーを使った表現に興味がある方
受講者が得られる知見 ・Unityにおけるシェーダー表現法 / Unityを使った大規模開発フローと効率化
・大量のアセットを扱う際の省メモリ法



なお、受講料金は以下のとおり。早期割引キャンペーンも用意されており、4月3日まで提供する(チケット販売)。Unity Pro/Unity Plusライセンスがあると、会場で座席の優遇があるという。
 
チケット種別 通常価格 早割価格(4月3日まで)
2DAYS フルカンファレンスパス(一般) 30,000円 19,900円
2DAYS フルカンファレンスパス(学生) 10,000円 4,900円
2DAYS エキスポパス 3,000円
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ユニティ・テクノロジース・ジャパン

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事