ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームMarketing記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー、"ジャパンファースト"からグローバル配信前提に開発...

ガンホー、"ジャパンファースト"からグローバル配信前提に開発方針を変更…第1弾『LET IT DIE』は全世界200万DL突破と好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、ゲームソフト開発の方針から大きく転換している。2016年12月期の決算説明会で明らかにした。

これまでは"ジャパンファースト"、いわば日本にフォーカスしたゲーム開発を行い、そこからカルチャライズやローカライズを施して、北米や中国など海外でリリースしてきたが、グローバル配信を前提としたゲーム開発を中心に行っていく。

 


家庭用ゲームやスマートフォンも含め、様々な市場に受け入れられる「ユニバーサルデザイン」のゲーム開発を行っているという。北米と欧州市場を考慮したゲーム開発を行い、北米と欧州市場からリリースし、日本を含むその他の地域で配信するモデルとなる。森下一喜社長はゆくゆくは、新作ゲームは世界同時リリースを行っていきたいとしている。

 


この背景として、国内の家庭用ゲームは大きな伸びが望みづらく、スマートフォンゲーム市場が成熟・安定している状況があるようだ。成長の源泉を世界市場に求める動きといえよう。

方針転換の第一弾タイトルは、『LET IT DIE』となるが、欧州と北米から提供を開始し、当該市場で評価を高め、全世界200万ダウンロードを突破するなど大ヒットタイトルとなった。スマートフォンゲームアプリや家庭用ゲームソフト、VRなど新分野向けの新作で合計10本のパイプラインを抱えているが、幸先の良いスタートを切ったといよう。

 


 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高1543億2900万円、営業利益724億2500万円、経常利益726億600万円、当期純利益434億3200万円(2015年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事