A3!(エースリー)、アエリアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アエリア、大ヒットタイトル『A3!』について「ゲーム性を減ら...

アエリア、大ヒットタイトル『A3!』について「ゲーム性を減らすことで幅広い層に支持された」 課金単価より継続率優先の運営も奏功

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ


アエリア<3758>は、リベル・エンタテインメントの新作『A3!(エースリー)』のヒット要因について、リズムゲームでゲーム性の高い第1弾タイトル『アイ★チュウ』に比べて、ゲーム性を減らしコアなゲームユーザーだけでなく、幅広い層を対象にしたことと分析している。また、リベルではユーザーの課金単価を追求することよりも、継続率を優先した運営を行っており、デイリーのアクティブユーザー数(DAU)が多いと指摘。DAUの多さが結果として、売上などにつながっているという。

これは3月17日に開催された、2016年12月期の決算説明会での質問に答えたもの。『A3!』は、1月27日に配信が始まり、リリースから7週目となる3月14日には250万ダウンロードを突破し、App Store売上ランキングでも最高3位に付けるなど人気を博している。またリリースから3ヶ月と経過していないにも関わらず、主題歌のCD発売やコラボカフェの開催、キャラソンCDなど、ゲームにとどまらない、スピード感あふれる展開も話題となっている。


 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アエリアリベル・エンタテインメントA3!(エースリー)

企業情報(株式会社リベル・エンタテインメント)

会社名 株式会社リベル・エンタテインメント
URL http://liberent.co.jp/
設立 2006年9月
代表者 林田 浩太郎
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高59億600万円、営業損益15億9600万円の赤字、経常損益14億2000万円の赤字、当期純損益21億4700万円の赤字(2016年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事