イグニスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(4/11)】信用規制解除でアエリアが一時S高...

【ゲーム株概況(4/11)】信用規制解除でアエリアが一時S高 『ぼくドラ』のランキング急上昇のイグニスも大幅続伸 サイバーステップは連日S高

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
4月11日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりに反落し、前日比50.01円安の1万8747.87円で取引を終えた。北朝鮮によるミサイル発射懸念の高まりによる地政学的リスクを嫌気し、終日手控えムードが強い展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーステップ<3810>が連日のストップ高と強さを見せたほか、アエリア<3758>も一時ストップ高した。アエリアは、東証が本日売買分から信用取引の臨時措置を解除したことで、短期資金が一気に流入する形となったもよう。
 

また、イグニス<3689>が大幅続伸し、終値ベースで3月31日以来となる4000円台を回復した。イグニスは、子会社スタジオキングの『ぼくとドラゴン』が劇場版「FAIRY TAIL -DRAGON CRY-」とのコラボキャンペーンを4月10日より開始(関連記事)し、本日付のApp Store売上ランキングで13位まで急上昇するなど好調な推移を見せたことが株価を刺激する格好となったようだ。
 

ほか、サイバーエージェント<4751>やドリコム<3793>、ケイブ<3760>などがしっかり。

半面、マーベラス<7844>は前日に「おそ松さん」を題材としたスマホゲームアプリを発表して急騰した反動から売られ、ミクシィ<2121>やオルトプラス<3672>の下げもきつい。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アエリアイグニス

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高59億600万円、営業損益15億9600万円の赤字、経常損益14億2000万円の赤字、当期純損益21億4700万円の赤字(2016年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事