逆襲のファンタジカ、マイネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ​シリコンスタジオ、『刻のイシュタリア』と『逆襲のファンタジ...

​シリコンスタジオ、『刻のイシュタリア』と『逆襲のファンタジカ』をマイネットグループのS&Mゲームスに譲渡…譲渡価格は2億円

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
シリコンスタジオ<3907>は、5月10日、コンテンツ事業のスマートフォンゲーム『刻のイシュタリア』および『逆襲のファンタジカ』をマイネット<3928>グループの新設子会社S&Mゲームスに譲渡することを発表した。譲渡価格は2億円(税抜)。

同社は、2009年より、自社ミドルウェア技術を駆使したゲーム開発に着手し、自社が誇るクリエイティブ集団の高い技術力を、コンシューマーゲームの開発を通して、ミドルウェアの性能を実証してきた。海外においても自社パブリッシングと協業を組み合わせ、北米、欧州、アジアに向けにネイティブアプリの配信など積極的に展開をしてきたが、2「期連続で減収減益が続く状態となっている。

このような状況において、同社はコンテンツ事業の早期黒字化のためには、抜本的な構造改革が不可避な状況にあり、207年11月期の下期以降リリースを控えている複数のコンテンツの計画通りのリリースを目指すべく注力している。

今回、環境の変化と経営資源の選択と集中の観点から、現在継続して運営しているスマートフォン向けゲーム『逆襲のファンタジカ』と『刻のイシュタリア』(日本国内版、英語版、繁体字版などの全世界を対象として配信するすべて)の2つのタイトルをS&Mゲームスに譲渡することを決定した。

当該ゲームのタイトルの譲渡先としてマイネットグループの新設子会社S&Mゲームスが適切であると判断した理由は、マイネットグループがゲームメーカーが制作したスマートフォンゲームを買取や協業により仕入れ、独自のノウハウでバリューアップした後に長期サービス運営を行うゲームサービス事業を営んでおり、ゲームサービス業という新たな業態を確立していくことを目指して事業を行っており、ゲームタイトルの買収・バリューアップを手がけるゲームサービス事業のリーディングカンパニーとして業界をけん引している企業であるため。また、当該ゲームタイトルに係る運営メンバーについても、組織再編を目的として新たに設立したS&Mゲームスに加わる予定となっている。

なお、今回のタイトル譲渡により、シリコンスタジオは特別利益を計上する見込み。特別利益の額については現在精査中であり未定だが、確定後速やかに開示するとしている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社マイネット)

会社名 株式会社マイネット
URL http://mynet.co.jp/
設立 2006年7月
代表者 上原 仁
決算期 12月
直近業績 売上高29億6400万円、営業利益1億4500万円、経常利益1億3100万円、当期純利益9500万円(2015年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3928

企業情報(シリコンスタジオ株式会社)

会社名 シリコンスタジオ株式会社
URL http://www.siliconstudio.co.jp
設立 2000年1月
代表者 会長:関本晃靖、社長:寺田健彦
決算期 11月
直近業績 売上高80億5600万円、営業利益8億4100万円、経常利益8億3200万円、最終利益5億0700万円(2014年11月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3907

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事