17年1-3月決算、ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報】ドリコム『ダービースタリオンマスターズ』は四半期売上...

【速報】ドリコム『ダービースタリオンマスターズ』は四半期売上高10億円規模に 今後は広く競馬ファンにアプローチ 内藤社長「DAUは顕著に拡大」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ドリコム<3793>は、この日(5月10日)、東京都内で開催した決算説明会で、『ダービースタリオンマスターズ』の第4四半期の売上高が10億円を超えたことを明らかにした。競馬のオフシーズンとなり、同社としては保守的に見込んでいたとのことだが、引き続き順調に推移したようだ。
 
決算説明を行なった内藤裕紀社長は、「株式市場の関係者は、アプリストアの売上ランキングを見て売上を予想される方が多いようだが、このゲームはガチャやイベントで大きく変動せず安定しているところが特徴だ。ランキングの見た目よりも売上が出ていると思われる方が多いのではないか」とコメントした。
 
同社では、リリース以来、『ダービースタリオン』で遊んだファンを中心にプロモーションを行なってきたが、100万ダウンロードを突破したことからほぼリーチが完了したと判断し、今後は競馬ファンを中心にアプローチしていく考えだ。
 
この方針にしたがって、連休期間中、藤田菜七子騎手と武幸四郎調教師を起用したテレビCMを関西圏で放映を開始した。競馬のG1シーズンが始まったこともあり、DAU(日次アクティブユーザー数)が「顕著に上がっている」とのこと。来週末からは関東圏でテレビCMを放映する予定で、さらなる拡大を狙う。
 
 

また、この期間獲得したユーザーについては、これまでのダビスタファンとくらべて、継続率などに大きな違いはないという。ARPU(顧客単価)は上がっているが、連休の効果なのか、客単価の高いユーザーの増加なのかはまだ分析できていないが、「いずれにしてもネガティブな状況ではない」。
 
なお、続く第1四半期(17年4~6月)の『ダビマス』の売上については、第4四半期と同水準を想定しているとのこと。ただ、足元のDAUの状況や、競馬のG1シーズン真っ直中にあることを考えると、想定を上回る可能性が高いと当サイトではみている。


 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年1-3月決算ドリコム

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高65億3400万円、営業損益2億0600万円の赤字、経常損益2億1700万円の赤字、最終損益5億3700万円の赤字(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事