ユナイテッドに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(5/10)】コンテンツ事業大幅黒字転換のユナ...

【ゲーム株概況(5/10)】コンテンツ事業大幅黒字転換のユナイテッドが急反発 為替の円安背景に任天堂も買われる ボルテージは大幅減益を嫌気

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
5月10日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比57.09円高の1万9900.09円で取引を終えた。一時1ドル=114円台となるなど円安方向に振れたことで輸出関連株などを中心に買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ユナイテッド<2497>が朝方から買い先行となり、終値ベースで3月10日以来となる2400円台を回復した。ユナイテッドは、前日5月9日に発表した2017年3月期の連結決算において、広告事業が順調に成長したことに加え、コンテンツ事業もセグメント利益で3.1億円の赤字から5億円の黒字に大幅黒字転換を果たしたことが材料視された。

【関連記事】
ユナイテッド、17年3月期は売上高31%増 コンテンツ事業は3.1億円の赤字→5億円の黒字に大幅黒字転換 『クラッシュフィーバー』の利益回収進む
 

また、為替の円安推移を好感して、任天堂<7974>も買われ、DeNA<2432>やコロプラ<3668>など主力株も軒並みしっかり。

半面、アエリア<3758>の下げがきつく、KLab<3656>やボルテージ<3639>、モブキャスト<3664>などもさえない。ボルテージは前日5月9日に発表した2017年6月期の第3四半期決算が営業利益で85%減となるなど大幅な減益となったことが嫌気された。

【関連記事】
ボルテージ、3Qは売上高20%減、営業益85%減と大幅減収減益に 新シリーズや実験作の立ち上げ遅れで 4Qは3Q末配信の新作の売上拡大に注力


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ユナイテッド

企業情報(ユナイテッド株式会社)

会社名 ユナイテッド株式会社
URL http://united.jp/
設立 1998年2月
代表者 早川 与規/金子 陽三
決算期 3月
直近業績 売上高46.24億円、営業利益0.02億円、経常利益0.30億円、当期純損失2.36億円(2013年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2497

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事