17年1-3月決算、コナミホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コナミHD、17年3月期は売上高8%減ながら営業益47%増に...

コナミHD、17年3月期は売上高8%減ながら営業益47%増に 4Qにグローバル配信開始の『遊戯王 デュエルリンクス』が好調…カードゲームも人気波及

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コナミホールディングス<9766>は、5月11日、2017年3月期通期の連結決算(IFRS)を発表、売上高2299億円(前々期比8.0%減)、営業利益363億円(同47.3%増)、税引前利益355億円(同49.5%増)、最終利益259億円(同2.4倍)となった。
 

各セグメントごとの状況は以下の通り。

①デジタルエンタテインメント事業…売上高1055億円(前々期比8.2%減)、セグメント利益337億円(同13.1%増)
モバイルゲームでは、第4四半期において『遊戯王 デュエルリンクス』を約150の国と地域で配信開始し、引き続き好調に推移した。そのほか国内市場では、『実況パワフルプロ野球』や『プロ野球スピリッツA(エース)』をはじめとした各タイトルも引き続き好調で、中でも12月に配信2周年を迎えた『実況パワフルプロ野球』は、「春の熱血甲子園大会」を開催するなど、より多くのユーザーに楽しんでもらえる施策を展開した。また、グローバル市場向けタイトルとして、『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(海外名『PES CLUB MANAGER』)や『StarWars:Force Collection(スター・ウォーズ フォース コレクション)』なども引き続き堅調に推移した。

カードゲームでは、「遊戯王トレーディングカードゲーム」を引き続きグローバルに展開した。2017年夏に開催される世界大会に向けた予選が開始され、また米国を皮切りとした劇場版アニメの海外公開や、モバイルゲーム『遊戯王 デュエルリンクス』のグローバル配信により、コンテンツとしての盛り上がりの中で推移した。

家庭用ゲームでは、『実況パワフルプロ野球2016』や『ウイニングイレブン2017』(海外名『PES 2017 - Pro Evolution Soccer -』)を発売し、堅調に推移した。また、3月にはNintendo Switch用ソフト『スーパーボンバーマン R』(海外名『Super Bomberman R』)を発売した。
 

②健康サービス事業…売上高686億円(同3.7%減)、セグメント利益42億円(同57.1%増)
スポーツクラブ施設運営では、7月に熊本県天草市に新しくフランチャイズ施設をオープンしたほか、12月に飯田橋、恵比寿、自由が丘駅前の3施設をリニューアルオープンし、トレーニングマシンの刷新やパーソナルトレーニングスペースを拡充した。また、1月には「コナミスポーツクラブユーカリが丘」を大型ショッピングセンター内に新生オープンした。新たな取り組みとしては、2020年東京オリンピックの正式種目に決定したスポーツクライミングの「ボルダリング」施設を3月にコナミスポーツクラブ池袋内に開設した。受託施設では、これまで培った運営・指導のノウハウや実績を活かし、新たに30施設の運営を開始した
 

③ゲーミング&システム事業…売上高312億円(同8.8%減)、セグメント利益48億円(同13.0%減)
スロットマシンでは、プレイヤーやカジノオペレーターの多様なニーズに対応した「Concerto」シリーズの拡充により、北米を中心に販売台数を伸ばしたほか、豊富なラインアップを擁し、中南米やアフリカ、アジア地域でも依然高い人気を誇るロングセラー商品「Podium」シリーズの販売が堅調に推移した。パーティシペーションでは、「Concerto」シリーズをはじめ、プレイヤーの期待感とプレイ意欲を一層高めたプレミアム商品や、ゲームコンテンツのラインアップ拡充に努めた。カジノマネジメントシステム「SYNKROS」では、海外を就航する大型クルーズ船内のカジノ施設へ導入したほか、北米各州及び豪州のカジノ施設への導入も堅調に推移した。
 

④アミューズメント事業…売上高253億円(同14.9%減)、セグメント利益52億円(同11.4%増)
アーケードゲームでは、ピアノをモチーフにした新規音楽ゲーム「ノスタルジア」の稼働が開始され、好評を博した。メダルゲームでは、「FEATURE PREMIUM」シリーズの最新作「TwinkleDrop JUKE!」「FROZEN TOWER」およびメダルゲーム機の最新作「マジカルシューター」、縦横無尽に飛び回るボール抽選で大人から子供までが楽しめる新しいゲーム性の「トレジャーシュート」が本格稼働を開始した。

遊技機は、5月に「伊勢志摩サミット」開催による約1カ月の入替自粛や、遊技機の型式試験変更及び規則改正等、例年にない環境下での事業運営となった。このような状況のもと、新基準の5.5号機の中でもトップクラスの高稼働を維持したパチスロ機「マジカルハロウィン5」の追加受注のほか、アーケードゲームの人気音楽ゲーム「beatmania(ビートマニア)」とコラボレーションしたパチスロ機「セブンスビート」、超大型家庭用ゲームタイトル「メタルギア」シリーズを32インチの新筺体でパチスロ化した「メタルギア ソリッド スネークイーター」、前作で人気を博した「麻雀格闘倶楽部」シリーズの最新作パチスロ「麻雀格闘倶楽部2」を販売した。
 

なお、2018年3月期通期の連結業績予想は、売上高2450億円(前期比6.6%増)、営業利益400億円(同10.0%増)、税引前利益390億円(同9.8%増)、最終利益270億円(同4.0%増)の見込み。
 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年1-3月決算コナミホールディングス

企業情報(コナミホールディングス株式会社)

会社名 コナミホールディングス株式会社
URL http://www.konami.com/
設立 1973年3月
代表者 代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 上月 拓也
決算期 3月
直近業績 売上高及び営業収益2181億円、営業利益144億円、最終利益94億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部(ロンドンの取引所にも上場)
証券コード 9766

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事