17年1-3月決算、日本ファルコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 日本ファルコム、第2四半期は1億4500万円の営業黒字で着地...

日本ファルコム、第2四半期は1億4500万円の営業黒字で着地 当初は4000万円の赤字 「イースⅧ」や「東亰ザナドゥ」のアジア版の販売伸びる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
日本ファルコム<3723>は、5月11日、第2四半期累計(16年10月~17年3月)の決算を発表し、売上高4億5600万円(前年同期比16.0%減)、営業利益1億4500万円(同28.1%減)、経常利益1億4400万円(同29.0%減)、最終利益1億1000万円(同23.7%減)だった。

従来、売上高3億円、営業損益4000万円の赤字、経常損益4000万円の赤字、最終損益2700万円の赤字と予想していたが、実績は大きく上回った。「イースⅧ」や「東亰ザナドゥ」「東亰ザナドゥeX+」(いずれもアジア版)の販売が伸び、ライセンス部門の売上が想定を上回ったという。

 


主力の製品部門では新タイトルの発売はなく、売上高は同79.5%減の3900万円にとどまった。PS4向けに「イースⅧ―Lacrimosa of DANA―(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」を発売するほか、累計販売本数96万本を突破している「英雄伝説 閃の軌跡」「英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ」、その最新作「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」をPlayStation®4向けに鋭意制作しているという。

ライセンス部門の売上高は同18.7%増の4億1600万円だった。「イースⅧ―Lacrimosa of DANA―」韓国語版や「ぐるみん 3D」英語版及び日本語版、「イース オリジン」日本語を含む多言語版、「東亰ザナドゥ」と「東亰ザナドゥeX+」繁体字中国語版などを発売。また「オルタンシア・サーガ」、「セブンナイツ」、「太鼓の達人 Vバージョン」などとのコラボを行った。

2017年9月期通期の予想については、従来予想から変更なく、売上高18億円(前期比22.9%増)、営業利益7億5000万円(同28.4%増)、経常利益7億5000円(同28.3%増)、当期純利益5億円(同29.2%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年1-3月決算日本ファルコム

企業情報(日本ファルコム株式会社)

会社名 日本ファルコム株式会社
URL http://www.falcom.co.jp/
設立 1981年3月
代表者 近藤季洋
決算期 9月
直近業績 売上高18.40億円、営業利益7.10億円、経常利益7.11億円、当期純利益4.35億円(2013年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3723

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事