17年1-3月決算、フリューに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > フリュー、17年3月期は営業益7%増と増益を確保 プリントシ...

フリュー、17年3月期は営業益7%増と増益を確保 プリントシール事業とコンテンツ・メディア事業が好調 ゲーム事業は開発投資で費用先行

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
フリュー<6238>は、5月12日、2017年3月期の連結決算を発表、売上高248億9000万円(前々期比3.0%増)、営業利益39億2000万円(同7.4%増)、経常利益39億2100万円(同7.0%増)、当期純利益27億9800万円(同13.6%増)と増収増益を確保した。
 

主なセグメント別の状況は以下のとおり。

①プリントシール事業…売上高90億9000万円(前々期比2.7%増)、営業利益12億8400万円(同25.5%増)
主なターゲット層である10~20代前半女性にむけて、2016年7月に「UP(アップ)」、同年11月に「Cyun't(キュント) ~恋するプリ~」、2017年3月に「winc(ウィンク)」の3つの機種を発売した。また、シール紙売上は、プレイ回数が堅調に推移し前年度に比べ売上を伸ばした。

②コンテンツ・メディア事業…売上高79億5000万円(同6.6%増)、営業利益43億400万円(同5.5%増)
プリントシール画像取得・閲覧サービス「PiCTLINK(ピクトリンク)」の入会促進施策と継続利用促進施策が功を奏し、2017年3月末における有料会員数は163万人となった。一部のフィーチャーフォン向けコンテンツは、市場の縮小から有料会員数が減少したものの、「curet(キュレット)」「ハルハル」などのWEBマガジンや、メール広告「プリアドメール」なども堅調に推移した。また、カラーコンタクトレンズの販売は、自社サイト「Mew contact(ミューコンタクト)」での販売に加え、小売業者などへの自社ブランド品の卸売を開始したことなどにより、売上を伸ばした。

③キャラクタ・マーチャンダイジング事業…売上高51億8900万円(同3.7%減)、営業利益3億9800万円(同4.5%減)
スマホ向けゲームアプリのキャラクター、音楽アーティスト系のキャラクターなど、多数の新規キャラクター版権の獲得とその商品化を行ったが、いずれも前期主力商品に匹敵するような売上を獲得するに至らず、前年度の売上を下回った。

③ゲーム事業…売上高21億100万円(同20.7%増)、営業損益8億7600万円の赤字(前々期5億8000万円の赤字)
PS Vita向けオリジナルタイトル『Caligula -カリギュラ-』やニンテンドー3DS向け版権タイトル『ベイブレードバースト』などの発売が売上に寄与した。また、スマホ向けオリジナルゲームアプリ『モン娘☆は~れむ』の配信が前年度に比べ売上を伸ばした。一方、来期以降に向けた積極的な開発投資を行った。

なお、2018年3月期通期の連結業績予想は、売上高265億円(前期比6.5%増)、営業利益40億円(同2.0%増)、経常利益40億円(同2.0%増)、当期純利益28億円(同0.1%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( フリュー17年1-3月決算

企業情報(フリュー株式会社)

会社名 フリュー株式会社
URL http://www.furyu.jp/
設立 2007年4月
代表者 田坂 吉朗
決算期 3月
直近業績 売上高239億1100万円、営業利益30億3300万円、経常利益32億7800万円、当期純利益19億900万円(2015年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6238

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事