Nexon Developers Conference 17(NDC17)、ネクソン、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【NDC17】『クルセイダークエスト』の復調から見る“勝負手...

【NDC17】『クルセイダークエスト』の復調から見る“勝負手”の打ち方とは…一度人気が落ちたアプリが1年で好調に転換

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

ネクソン<3659>の連結子会社であるネクソンコリアが、4月25日~4月27日の期間、ネクソンコリアのオフィスおよび近隣施設にて開催した韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス「Nexon Developers Conference 17(NDC17)」。
 
NDCは、世界中からゲーム開発者が集い、ゲーム開発に関するノウハウや経験の共有を目的に、2007年より開催されている。2011年に本格的に外部公開を開始して以来、近年では2万人を超える来場者と100以上の講演を誇る、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンスだ。
 
11年目を迎えるNDC17では、アート、ゲーム開発、マーケティング、キャリアなど、多岐にわたるテーマで計121の講演が開催された。モバイルゲームでは、『HIT』のグローバル展開における事後検証や、SupercellのTimur Haussila氏による「Supercellのゲーム開発」といった講演が実施された。
 
本稿では、Load Completeの『クルセイダークエスト』スタジオプロジェクトマネージャーであるキム・ボラム氏による「『クルセイダークエスト』ストアチャート好走の振り返り」についての講演内容をレポートしていく。
 

▲本講演に登壇したのは、Load Complete『クルセイダークエスト』スタジオプロジェクトマネージャーのキム・ボラム氏。
 
まずキム氏は、『クルセイダークエスト』が約2年半前にリリースされたモバイル向けのアクションゲームであること、レトロなドットグラフィックが特徴であることなど、本タイトルの基本概要を紹介した。
 


▲開発スタジオの規模は52名で、創業から人員が3倍ほど増加している。
 
続いて、2016年下半期~2017年上半期に進めてきた事業内容についての発表を行った。同タイトルは、韓国におけるGoogle Playの売り上げランキングにおいて、一度は低迷したものの、ここ1年半ほどは右肩上がりに売り上げを伸ばしている。
 

▲2016年12月には韓国での同タイトルの最高売り上げを記録している。
 
では、どのようにしてユーザーの支持を得たのか。そこでキム氏は、”勝負手を打つときは最大限の効果を出すことが大事”だと訴えた。続いて、勝負手とは、周年記念やコラボイベントなど、多くのユーザーの流入が期待できるコンテンツのことだと説明した。
 

 
こういった大きな企画は、一度決まると投入されている人員数からも時期を変更することが難しいため、リリースまでにどのようなものを開発すべきか管理することがより重要になるという。そこでキム氏らのチームではまず、リリース時期、内容、既存ユーザーへの満足度、カムバックユーザーに対する障壁の緩和、口コミでの拡大が望めるかなど、開発目標についての議論が行われる。次に、話し合った内容を具体化するために、決定したリリース時期からどういったものが用意できるかを決定していく。
 
そんな中、『クルセイダークエスト』で最初に挙がったのは、容量の軽量化による参入障壁の改善だ。これに対してキム氏は、エンジンをUnity 4からUnity 5にアップグレードすることで3GBあった容量を1GBにまで減らすことに成功したと話した。3ヶ月がかりで、フォルダの修正やデータの構造などをまとめ、リソースの整理を行ったとのこと。
 

▲ドット絵で描かれたカジュアルな見た目に反して3GBと膨大な容量を取ってしまうため、ユーザーからも改善要望の声が多かったという。
 
2つ目に目が向けられたのは、メンテナンスの延長や緊急メンテナンスの発生についてだという。キム氏によると、当時は予定した時間にメンテナンスを終了することができず、ユーザーの信頼度低下に繋がっていたという話だ。対策としては、地道なサーバーの最適化を進めることで予定通りにゲームがオープンできるようになり、より快適なプレイが可能になったと語った。
 

▲まだまだ改善の余地があるため、サーバーの最適化については引き続き作業が行われている。開発者からは「以前より点検時の負担が減った」という声も挙がっているという。
 
そして、3つ目に行われたのがチュートリアルの刷新だ。内容やフローを全て変更し、シナリオに対する期待感が高まるものに作り替えたという。そうすることで、ゲーム初期に離脱するユーザーの数が減り、狙い通りの結果が得られたとの話だった。
 

 
次に、アップグレードの周期が月1回でイベントも単調なものだったため、プレイ指標の活性化を図る必要があったとキム氏は話す。『クルセイダークエスト』では、プレイパターンに変化を与えるイベントを実施するという方針のもと、下記のような改善が行われた。
 
①既存のシステムを維持しつつも追加ボーナスなどで報酬を与える収集イベント

 
②これまでにないキャラの組み合わせで攻略を進めるコンテンツ

 
その結果、イベントリリース時のプレイ期間が伸びたり、我先にと攻略法を探るユーザーの盛り上がりが見られたとのことだった。
 

 
さらに、ユーザーの記憶に残るようなストーリー性を与えるため、中国・韓国・台湾でオンライン懇談会を開催。新しいコンテンツが追加される際には、作った理由を開発者自らが語るなど、映像でユーザーに届けるようになった。キム氏は、こうしたロードマップを示すことで、ユーザーにとっては先々の楽しみが生まれ、継続率の上昇に繋がると説明した。
 

▲中国では、視聴者数が16万人を突破するほどの人気だったとのこと。
 

▲4月1日には、日本のようにエイプリールフール企画も実施されたとのこと。
 

▲ユーザーからの質問に答えたり、各所メディアへの開発者インタビューを掲載。
 
そのほか、開発エピソードやアート写真、ユーザーの思い出話やコスプレ写真など、270ページに渡る2周年記念のファンブックを500部ほど作成。なお、この内容はゲーム内にて無料で閲覧することもできる。また、ドットの特性を活かしたグッズの制作、公式ショップのオープンなど、グッズ展開にも力を入れている。
 

▲追加情報に対しての満足度が高まる結果となった。
 
ここまではゲームを遊んでいるユーザーに対して取られた改善策だったが、ここからは如何にして新規ユーザーを取り込んでいくかを紹介。クオリティを上げることで肯定的な口コミが広がり、それまで『クルセイダークエスト』を遊んでいなかった多くの方に関心を寄せてもらえるようになったとキム氏は語った。
 

▲隠しエンディングの実装が明らかになった際にはユーザーの評価がガラリと変わったというエピソードも。『Deemo』とのコラボでは、ゲーム外のユーザーでも楽しめるようPVを作成し、ユーザーのハートをキャッチ。
 

▲これらの施策でDAUが回復したことにより、次の勝負手に対する負担が減ってくるとキム氏は述べた。
 
最後にキム氏は、『クルセイダークエスト』では勝負手を打つことでDAU(デイリーアクティブユーザー)が回復し、エンジンのアップグレードやサーバーの最適化を行ったことで、今後はさらにゲームの面白さに注力して開発を進めていきたいと展望を語り講演の締めとした。

 
(取材・文:編集部 山岡広樹)
 


■『クルセイダークエスト』

 

App Store

Google Play

公式Twitter



(c) NHN Entertainment Corp. &Developed by Load Complete Inc. All Rights Reserved.  
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( NEXON KoreaネクソンNexon Developers Conference 17(NDC17)

企業情報(株式会社ネクソン)

会社名 株式会社ネクソン
URL http://www.nexon.co.jp/
設立 2002年12月
代表者 オーウェン・マホニー
決算期 12月
直近業績 売上高1553億円、営業利益507億円、税引前利益486億円、当期純利益303億円(2013年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3659

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事