東映に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 東映、17年3月期通期予想の上方修正を発表…『ドラゴンボール...

東映、17年3月期通期予想の上方修正を発表…『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』など各種アプリゲームが国内外で予想を上回って好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
東映<9605>は、5月12日、2017年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想1180億円から1280億円(増減率8.5%増)、営業利益は同145億円から174億円(同20.0%増)、経常利益は同165億円から200億円(同21.2%増)、当期純利益は同81億円から109億円(同34.6%増)となった。
 

修正の理由は、国内外で『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』をはじめとする各種アプリゲームが前回発表時の見通しを上回って好調に推移したため。また、最終利益には投資有価証券売却益などを計上したことも寄与している。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東映

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事