KING OF PRISM、エイベックス・ピクチャーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 『KING OF PRISM -PRIDE the HERO...

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』試写会が開催 菱田正和監督、寺島淳太さん、武内俊輔さん、岩井勇気さんが登壇 韓国、台湾、香港でも上映決定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


エイベックス・ピクチャーズは、5月16日、新宿バルト9で、劇場アニメ作品『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』完成披露試写会を開催した。会場には400人のファンが訪れた。イベントが始まり、菱田正和監督、寺島淳太さん(一条シン役)、武内俊輔さん(大和アレクサンダー役)が登壇すると会場からは割れんばかりの歓声があがった。作品の完成披露試写会のみと告知されていたそうで、監督とキャストの登場はサプライズだったようだ。

菱田監督は、前日まで編集作業を行い、文字どおりの出来立てホヤホヤと明かし、「最後の編集作業が修羅場で…。最後の1秒まで、ぎりぎりまで時間をかけて作りました。良いものができ上がったと思います」とコメントすると、修羅場うちわ(劇中に登場するアイテム/発売中)が客席のあらゆるところで大きく振られ、一気に“応援上映ムード”になった。

作品の見所について聞かれると、寺島さんは自身の演じるシンとル如月ルヰの関係性が広下げられているところや、予告編を超える衝撃があると明かした。また、武内さんは、怒涛のプリズムショウをあげた。「訓練されたプリズムエリートでも耐えられるか…。応援しどころ満載なので注目して欲しいです」と語った。
 


菱田監督は、決まっていた尺(時間)で収めるのが大変だったと語った。製作途中で尺をオーバーしてしまったそうで、編集して無理やり詰め込んだという。このため、最初から無駄なカットが一つもなく、何度か観ることで作品への理解度が深まり、新しい発見もできる作品になっているようだ。「(前作で)100回ご覧になった方もいらっしゃったと聞いていましたので、それに耐えられるものにしないといけない」と考えたという。

また、山寺宏一さん(太刀花菊右衛門役)、堀内賢雄さん(カケルのお父さん、十王院百次郎役 )、三宅健太さん(プリズムショー協会会長役)、遊佐浩二さん(真田常務役)ら声優界のカリスマが出演することが明かされると、大きくサイリウムを振り、喜びを表現。その様子を見た3人は、武内さんは「大先輩方も出演してくれて、キンプリがここまでの作品になれたのはファンの皆さんのおかげ」、寺島さんは「皆が足繁く通ってくれたから、こういった先輩方も呼ぶことができたんです!」、菱田監督は「前作に比べて豪華だから予算が増えたのがわかるよね(笑)」と笑顔でコメントした。

ここで、出演ラジオ番組で話題にするほどにキンプリ大ファンのハライチの岩井勇気さんが特別ゲストとして登場した。「(その前のトークの流れで)杉田智和さんが登場するような雰囲気だったので出づらかった」と話すと、会場からは笑いが起こった。

岩井さんは、本作についてパクチーに似ていると語った。「友だちから作品の存在を聞いたのですが、説明を聞いても訳がわからない。とにかく脳みそが溶けそうになる作品と聞きました。で、観たら楽しくてめちゃくちゃハマりました」。この発言を受けて、菱田監督は「普通に作ったのに…」とボヤいた。岩井さんは「菱田監督はいつも普通に作ったとおっしゃるんですけど(笑)、今回も何度も観ないと!という作品になっています」と感想を語った。
 


なお、本作が韓国、台湾、香港での上映が決定したことを明かした。発表した寺島さんが一条シンのおなじみのセリフで「みんなに、言いたいことがありまーす!」と声をかけると、会場全体から「なーにー?」と息ぴったりのレスポンスが。応援上映さながらのリアクションで、会場に熱気が満ちた。続けて菱田監督は、韓国は日本と同日上映であることや、北米などからも上映オファーがあることを明かした。「欧米の方々が作品を見てどう思われるのか、とても気になります」と期待と不安が入り混じっている様子だった。

最後にイベントの締めの挨拶を求められた菱田監督は、「笑うところ笑って、泣くところ泣いて楽しんでください。前作ではみなさんの想定外の応援に敗けました。今回はみなさんに勝つために頑張りましたが、今作も僕を土下座させるほどの勢いでキンプリを応援してください!」とお願いすると観客はサイリウムを振り、その願いに答えた。

 
ー Story ー
Over The Rainbowのライブで見たプリズムショーに憧れ、エーデルローズに入学した一条シン。
そこでは7人の新入生たちが、未来のプリズムスタァになるべく学んでいた。
しかし、法月仁が率いるシュワルツローズの陰謀は、エーデルローズを解散の危機へ追い込む。

エーデルローズを救うために無期限活動休止したOver The Rainbow。
コウジは巨額の負債を返すためにハリウッドでの映画音楽制作に、
カヅキはストリート系としての自らの原点を見つめ直し、ヒロは己を高めるため特訓に打ち込む。

それぞれの場所でプリズムスタァとしての自分と向き合うメンバーたち。
先輩から後輩へと手渡されるバトン。あらためて問われる、仲間との絆。

波乱の中プリズムキングカップが、いよいよ開幕。
これまで誰も見たことのない、プリズムジャンプの息もつかせぬ応酬。
キング・オブ・プリズムの王冠は、いったい誰の頭上に輝くのか。
新たな歴史が、いまここに刻まれる!

「俺たちが目指すのは勝者じゃない。」



 
(編集部 木村英彦)
 
■関連サイト
 

HP

Twitter




(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズム PH 製作委員会
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KING OF PRISMエイベックス・ピクチャーズ

企業情報(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)

会社名 エイベックス・ピクチャーズ株式会社
URL http://avex-pictures.co.jp/
設立 2014年4月
代表者 代表取締役社長 寺島 ヨシキ/代表取締役副社長 勝股 英夫
決算期 3月
直近業績 非公開
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事