スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【SPAJAM2017】名古屋予選を制したのは「岐阜よりの使...

【SPAJAM2017】名古屋予選を制したのは「岐阜よりの使者 ~モーニングの悲劇~」を開発したチーム「市川電産」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、国内最高峰のアプリクリエイター競技会「スマートフォンアプリジャム2017(SPAJAM2017)」名古屋予選を5月20日(土)から21日(日)にかけて開催した。予選では「モーニング」というテーマが設定され、25時間でアプリを開発するハッカソンを開催した結果、最優秀賞を勝ち取り本選出場を決めたのは「岐阜よりの使者 ~モーニングの悲劇~」を開発したチーム「市川電産」だった。


 
最優秀賞チーム
・チーム名 … 市川電産
・アプリ名 … 岐阜よりの使者 ~モーニングの悲劇~
・チームメンバー … 市川博之、市川希美
・アプリの内容 …街中で名古屋名物の「モーニング」を実施している店舗を見つけ、そのお店にガジェットを振りかざすことで「エビフライ屋」さんに変えていくというゲームを開発。地図情報を活用した店舗の表示と、センサーを組み込んだガジェットの両方を連動させた体験型のアプリケーションを実装した。プレゼンでは、地図情報との連動によるデモを動画で紹介。2日目の早朝に街中で実施した様子を映像で示すことで、見ている側に分かりやすく伝えており、またテーマの「モーニング」に対し、前回までの東海予選の開催地・岐阜にもモーニングがあることを考慮に入れ、テーマに対する熱意も感じられたことが評価された。
 


優秀賞チーム
・「すぱしーば!」 アプリ名:No Morning No Day 代表:山田唯真さん
・「UDONKOAPPS」 アプリ名:直樹の朝のまどろみ -NAOKI’S DREAM- 代表:近藤秀彦さん
・「餃子とビール」 アプリ名:布団愛 代表:大塚信祐さん


7月8日から箱根で開催される本選へ出場できるチームは、最優秀賞チームに加えて、全国の予選9会場で優秀賞を勝ち取ったチームの中から最大3チームを選出し決定される。


 
予選概要

・日程:2017年5月20日(土)~21日(日)
・会場:名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス 社会連携ゾーンshake
・参加チーム数:8チーム(33名)
・テーマ:モーニング
・共催:名城大学


【審査員】
森永 景介氏 富士通株式会社 東日本ビジネスグループ ITソリューション本部
 第一テクニカルソリューション部 プロジェクト部長
渡具知 直也氏 株式会社D2C インキュベーション室 上席エキスパート
榎本 淳一氏 株式会社ゲオインタラクティブ 代表取締役
丹下 友希氏 株式会社HAROiD デザイナー


【出場チーム(開発アプリ)】
市川電産(岐阜よりの使者 ~モーニングの悲劇~)
すぱしーば!(No Morning No Day)
UDONKOAPPS (直樹の朝のまどろみ -NAOKI’S DREAM-)
餃子とビール (布団愛)
SIVI (My Dream)
SIO スパイシーいちごオーレ (二度寝WarZzz)
丸松パパンの愉快な仲間たち (トリビア)
MIYAKO BOYS (ASAGAO)


なお、締切日が5月22日の仙台、6月5日の福岡の各予選の参加チームは現在募集中。詳細は下記の公式サイトを参照の上、応募してほしい。

 

公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事