任天堂に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(5/24)】任天堂が昨年7月以来となる3万1...

【ゲーム株概況(5/24)】任天堂が昨年7月以来となる3万1000円台回復 新作『プロ野球バーサス』配信開始のコロプラは買い一巡後は軟調に推移

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
5月24日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比129.70円高の1万9742.98円で取引を終えた。米FOMC(連邦公開市場委員会)の議事録発表を控えていることもあって手控えムードが強いが、為替が一時1ドル=112円台まで円安方向に振れたこともあり、輸出関連株を中心にやや買い優勢となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、オルトプラス<3672>やボルテージ<3639>、enish<3667>、KLab<3656>などが買われた。いずれも目新しい材料が浮上したわけではないが、開発中の新作タイトルへの期待感などから思惑人気が再燃する格好となっているようだ。

また、任天堂<7974>が昨年7月19日以来となる3万1000円台を回復するなど強さを見せた。任天堂は、新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が米国で販売好調と伝えられたことなどが評価材料となっている。ほか、コナミHD<9766>やバンダイナムコHD<7832>も年初来高値を更新した。
 

半面、コロプラ<3668>は待望の新作『プロ野球バーサス』を前日5月23日より配信開始(関連記事)したものの、朝方に買いが先行した後は軟調に推移した。

ほか、グリー<3632>やサイバーエージェント<4751>、ガンホー<3765>など主力株にさえない銘柄が目立った。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 任天堂

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事