ベクターに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【株式】ベクターがストップ高…『造物法則』の国内配信権を獲得...

【株式】ベクターがストップ高…『造物法則』の国内配信権を獲得で、信用取引の臨時措置も解除

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


この日(6月21日)の東京株式市場では、ベクター<2656>がストップ高。値幅制限の上限となる前日比100円高の784円まで買われている。

同社は、前日の引け後、中国の百奥家庭互動有限公司(BAIOO)が開発したスマートフォンゲーム『造物法則』の日本における独占ライセンスを獲得したと発表しており、これが刺激材料となったようだ。日本のコンテンツを意識した『陰陽師』や『崩壊3rd』など中華圏のゲームアプリが日本でも人気を博しており、本作も活躍が期待される。

なお、東京証券取引所は、本日売買分から信用取引に関する臨時措置(委託保証金率50%以上、うち現金20%以上)の解除を行ったことも需給面でプラスに働いた模様だ。
 


【関連記事】
ベクター、中国BAIOOの人気アプリ『造物法則』の国内運営権を獲得 『アビストライブ』として17年度内に配信 台湾売上ランキングでTOP50に入るタイトル
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ベクター

企業情報(株式会社ベクター)

会社名 株式会社ベクター
URL http://ir.vector.co.jp/
設立 1989年2月
代表者 梶並 伸博
決算期 3月
直近業績 営業収益17億9700万円、営業損益3100万円の赤字、経常損益2000万円の赤字、最終損益2900万円の赤字(15年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 2656

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事