アエリアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(7/3)】新作『アニドルカラーズ』への期待な...

【ゲーム株概況(7/3)】新作『アニドルカラーズ』への期待などでボルテージがS高 アエリアはリベルの第3弾タイトルで引き続き関心も グリーは大幅続落

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
7月3日の東京株式市場では、日経平均株価は小反発し、前日比22.37円高の2万55.80円で取引を終えた。東京都議会議員選挙での自民党の大敗が心理的な重しとなったものの、6月の日銀短観で大企業・製造業の業況判断指数が3四半期連続で上向いたことが株価を下支えする展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ボルテージ<3639>がストップ高となるなど強さを見せた。ボルテージは、6月29日に現在事前登録を実施中の新作『アニドルカラーズ』のゲーム内ユニットのCD発売を発表(関連記事)しており、同様の展開で成功している女性向けゲームからの連想買いの動きが活発化しているようだ。
 

また、サイバーステップ<3810>やトーセ<4728>がストップ高したほか、日本一ソフト<3851>やアエリア<3758>、enish<3667>、イグニス<3689>なども大幅高した。アエリアは、大引け後に子会社リベルの第3弾タイトルとなる本格海戦ゲーム『蒼焔の艦隊』の事前登録も開始(関連記事)されており、引き続きその動向が注目されることになりそうだ。
 

半面、グリー<3632>が大幅続落し、モブキャスト<3664>やカヤック<3904>、オルトプラス<3672>なども売られた。

任天堂<7974>やスクエニHD<9684>、カプコン<9697>など大手ゲーム株の一角もさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アエリアボルテージ

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高59億600万円、営業損益15億9600万円の赤字、経常損益14億2000万円の赤字、当期純損益21億4700万円の赤字(2016年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

企業情報(株式会社ボルテージ)

会社名 株式会社ボルテージ
URL http://www.voltage.co.jp/
設立 1999年9月
代表者 代表取締役会長兼社長 津谷祐司
決算期 6月
直近業績 売上高112億1900万円、営業利益5億3000万円、経常利益4億8800万円、当期純利益2億0800万円(2016年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事