ケイブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ケイブ、17年5月期は『ゴシックは魔法乙女』伸び20%増収達...

ケイブ、17年5月期は『ゴシックは魔法乙女』伸び20%増収達成 テレビCMなどプロモーションコストが圧迫し営業赤字に【追記】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ケイブ<3760>は、本日(7月13日)、2017年5月期の決算を発表し、売上高28億2000万円(前の期比20.3%増)、営業損益2億2000万円の赤字(前の期1億0500万円の黒字)、経常損益2億2900万円の赤字(同1億0300万円の黒字)、最終損益3億9100万円の赤字(同9500万円の黒字)だった。

 


同社では、『ゴシックは魔法乙女』が2016年8月と2017年3月に放映した全国TVCMなどのマス媒体を使ったプロモーションによる新規ユーザー獲得策や、リアルイベント開催による既存ユーザー定着策により拡大を続け、全体の売上高の伸びをけん引したものの、投下した広告宣伝費を回収するまでには至らなかった、としている。

なお、『ゴシックは魔法乙女』は今後のさらなる拡大を海外配信に求めるため、ローカライズ、配信、プロモーションに関するライセンス契約を、韓国配信はKM BOX社と、台湾・香港・マカオ配信はガンホー・ガマニア社と締結した。『ゴシックは魔法乙女』の韓国及び台湾・香港・マカオへの配信開始は2017年中に行う計画だ。

また、最終損益の赤字幅が大きいが、これは第1四半期において収益が見込めなくなったコンテンツまたはゲームに関連する資産について、各資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減少額1億4600万円を減損損失として計上したことが響いた。


【追記】
第4四半期(17年3~5月期)を見ると、売上高7億5400万円(前四半期比QonQ9.0%増)、営業損益1億7000万円の赤字(前四半期5000万円の黒字)、経常損益1億7100万円の赤字(同4800万円の黒字)、最終損益1億8500万円の赤字(同4800万円の黒字)と増収・赤字転落となった。これは説明のとおり、3月に行ったテレビCMやリアルイベントなどの費用が発生したためとみられる。

四半期別売上高・営業利益の推移を示したグラフは以下のとおり。

 


2018年5月期の業績予想は非開示。『ゴシックは魔法乙女』が売上高の80%以上を占めており、『ゴシックは魔法乙女』の動向によって会社業績が大きく左右されることに加え、新規タイトルのリリースを予定しており、リリース後の推移は予測することが難しく現時点で合理的な業績予想の算定ができないため、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ケイブ

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 高野 健一
決算期 5月
直近業績 売上高16億6400万円、営業損益4億5500万円の赤字、経常損益4億8500万円の赤字、当期純損益7億2800万円の赤字(2015年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事