ブロッコリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ブロッコリー、第1四半期は8800万円の営業赤字に転落…『う...

ブロッコリー、第1四半期は8800万円の営業赤字に転落…『うたプリ』関連のグッズ・ゲームが低調、第2四半期以降の展開で巻き返しへ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ブロッコリー<2706>は、本日(7月14日)、第1四半期(2017年3~5月期)の単独決算を発表し、売上高7億1700万円(前年同期比33.4%減)、営業損益8800万円の赤字(前年同期6000万円の黒字)、経常損益8300万円の赤字(同5900万円の黒字)、最終損益5800万円の赤字(同2900万円の黒字)だった。

 


主力コンテンツ『うたの☆プリンスさまっ♪』については、CD部門が『うたの☆プリンスさまっ♪アイドルソング 嶺二&カミュ』と、『うたの☆プリンスさまっ♪アイドルソング 蘭丸&藍』などが好調に推移したものの、グッズ・ゲーム部門が低調に推移した。グッズ・ゲーム部門では、第2四半期以降、KLab<3656>と共同開発を行っているスマートフォンアプリ『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』のリリース(今夏予定)や、「7th Special Anniversary イベント」などの開催を控えており、盛り返しが期待される。

またカードゲームは、『Z/X -Zillions of enemy X-』の販売動向は低調だったものの、カードゲーム関連のサプライ製品については、ヒットライセンスの獲得の継続により、前年同期の実績を上回った。ただし、当初の計画には届かなかったそうだ。

他社ライセンスグッズ部門は、缶バッジ・アクリルキーホルダー人気が一巡しつつあることや、他社ヒットコンテンツのライセンス獲得に遅れが生じたことを踏まえ、同社発のヒットアイテム『ちゅんコレ』や、新規アイテム『にゃーコレ』の開発にシフト。その発売時期を第2四半期以降に計画していることから第1四半期の販売は低調だった。


 

■2018年2月通期の見通し


続く2018年2月通期の業績予想は変更なし。レンジ予想となっており、売上高が57~64億円(前期比0.1~12.4%増)、営業利益が8~12億円(同13.1~69.7%増)、経常利益が8~12億円(同9.8~64.8%増)、最終利益が5~8億円(同4.3~66.9%増)を見込んでいるという。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ブロッコリー

企業情報(株式会社ブロッコリー)

会社名 株式会社ブロッコリー
URL http://www.broccoli.co.jp/
設立 1994年3月
代表者 森田 知治
決算期 2月
直近業績 売上高62億5600万円、営業利益は14億7000万円、経常利益14億8400万円、当期純利益は9億400万円(2015年2月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 2706

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事