円谷プロダクションに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 円谷プロ、中国企業によるウルトラマンを利用した無許諾の映像作...

円谷プロ、中国企業によるウルトラマンを利用した無許諾の映像作品に対し法的措置など「断固とした措置」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
円谷プロダクションは、7月19日、広州藍弧文化伝播有限公司がウルトラマンシリーズキャラクターを利用した映像作品「鋼鐵飛龍之再見奧特曼」について、円谷プロの許諾・監修なく製作されているものとし、「断固として非難すべきもの」とし、認められないとの見解を明らかにした。そして、発表を行った企業と、映像制作を行った関係者に対して法的措置を含む断固とした措置をとる方針だ。

中国北京で中国企業である広州藍弧文化伝播有限公司が7月10日、ウルトラマンシリーズのキャラクターを利用した映像作品「鋼鐵飛龍之再見奧特曼」を発表した。円谷プロは一切関知しておらず、映像作品は許諾・監修等なく製作されているものだという。また、発表会と映像におけるウルトラマンキャラクターの利用方法、態様はブランドを著しく毀損するもので、断固として非難すべきもので、到底認められるものではない、とした。

また、この映像作品のような、新規著作物の製作、ウルトラマンシリーズキャラクターの翻案・改変等の権利は当社のみに帰属するものであるとも強調した。

円谷プロによると、ウルトラマンシリーズの初期映像作品に関する日本国外における利用権の取り扱いに関しては、長期間に亘り、複数の国において係争が続いている。しかし、これまでに出されたいずれの判決においても、円谷プロがすべてのウルトラマンシリーズの製作者で、著作権を保有している点が認められているという。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 円谷プロダクション

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事