ギークスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ギークス、2017年3月期は1600万円の最終赤字、赤字転落...

ギークス、2017年3月期は1600万円の最終赤字、赤字転落…新作開発費が先行して発生か

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ギークスは、この日(7月26日)付の官報に、第10期(2017年3月期)の決算公告を掲載し、最終損益は1600万円の赤字だった。前の期(2016年3月期)は、4998万円の黒字だった。

同社は、クルーズ<2138>(旧ウェブドゥジャパン)創設者の一人である曽根原稔人氏が代表を務める企業。2009年4月にMBO(経営陣による買収)で独立し、2010年にソーシャルゲーム事業に参入した。

この期は、スマートフォン向けリズムアクションゲーム『SHOW BY ROCK!!』を展開するほか、バンダイナムコオンラインが提供する『アイドリッシュセブン』を展開した。また、今期に入ってから、開発を担当した『カクテル王子』と『ツキノパラダイス。』がリリースされており、この開発費用などが先行して発生していたようだ。このほか、直近では加賀電子を割当先とする第三者割当増資も行っている(関連記事)。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(ギークス株式会社)

会社名 ギークス株式会社
URL http://geechs.com/
設立 2007年8月
代表者 曽根原 稔人
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事