17年4-6月決算、LINEに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > LINE、2Qは売上高16%増、営業益39%増と2ケタ超の増...

LINE、2Qは売上高16%増、営業益39%増と2ケタ超の増収増益に LINE広告が業績をけん引 LINEゲームが低調のコンテンツは苦戦

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
LINE<3938>は、7月26日、2017年12月期の第2四半期累計(1~6月)の連結決算(IFRS)を発表、売上収益786億円(前年同期比16.9%増)、営業利益186億円(同39.4%増)、最終利益102億円(同4.0倍)と大幅な増益を達成した。
 

コミュニケーションは、2016年4月にリリースしたクリエイターズ着せかえが着実に伸びており、クリエイターズスタンプにおいても審査期間の短縮や人気クリエイターの商材を充実させたため、売上収益が堅調に推移した。コンテンツは、LINEマンガやLINE占いなどのサービスが順調に増加した一方で、LINEゲームは新規タイトルのリリース本数が少なく、売上への貢献が限定的であったため、前年同期より減少する結果となった。

その他売上は、LINEフレンズサービスにおける売上収益が海外を中心に拡大したほか、2016年9月より開始したLINEモバイルも順調に拡大した。LINE広告は、公式アカウントなどの従来からのメッセンジャー型広告の伸びに加え、2016年6月にリリースしたLINE Ads Platformによるタイムライン面やLINE NEWS面に掲載されるパフォーマンス型広告が大きく増加し、売上収益の拡大に貢献した。
 

なお、同社はスマートフォンなどのモバイルアプリケーション市場は国内外で急激に変化しているため、不確実性が存在しており、精緻な業績予想を策定することが困難とし、2017年12月期の連結業績予想は非開示としている。

■カメラアプリケーション事業再編に絡む事業譲渡益計上で利益が増加
業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、売上収益は前四半期比2.2%増の397億円となった。一方、利益面では、営業利益は同3.6倍の146億円、最終利益は同3.7倍の133億円となった。これは、2月23日に発表した子会社LINE Plusのカメラアプリケーション事業を持分法適用関連会社Snowに吸収分割の方式により承継させたことによる事業譲渡益104億円をその他の営業収益として計上したことなどが影響している。
 

第3四半期累計(1~9月)の売上収益は、広告の順調な成長が売上収益の成長を牽引し、前年同期比での増収を見込んでいる。第3四半期期間(7~9月)においては、サービスの拡充やマーケティング活動に加え、クラウドAIプラットフォーム「Clova」への本格的な投資や新たな株式報酬費用により営業費用の増加を見込んでいるが、引き続き、営業黒字は達成することができる見込みとしている。


 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( LINE17年4-6月決算

企業情報(LINE株式会社)

会社名 LINE株式会社
URL http://linecorp.com/
設立 2000年9月
代表者 出澤 剛
決算期 12月
直近業績 売上収益1206億6983万円、営業損益95億2418万円の赤字、当期純損益79億7211万円(2015年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3638

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事