17年4-6月決算、任天堂に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 任天堂、1Qは売上高2.4倍、営業益162億円の黒字に Ni...

任天堂、1Qは売上高2.4倍、営業益162億円の黒字に Nintendo Switchがハード、ソフトとも絶好調 『マリオカート8 デラックス』は全世界354万本の販売に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
任天堂<7974>は、7月26日、2018年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高1540億円(前年同期比2.4倍)、営業利益162億円(前年同期51億円の赤字)、経常利益309億円(同386億円の赤字)、四半期純利益212億円(同245億円の赤字)と大幅な増収・黒字転換を達成した。
 

Nintendo Switchは4月に発売した『マリオカート8 デラックス』が好調に推移し、全世界で354万本の販売を記録したほか、6月に発売した『ARMS』も全世界で118万本の販売と順調な滑り出しを見せた。また、前期に発売した『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も全世界で116万本(累計販売本数392万本)と引き続き堅調に推移しており、ハードウェアの販売台数は197万台、ソフトウェアの販売本数は814万本となった。

ニンテンドー3DSは、国内で4月に、海外では5月に発売した『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』が人気となったが、ハードウェアの販売台数は95万台(前年同期比1%増)、ソフトウェアの販売本数は585万本(前年同期比31%減)となった。

amiibo(アミーボ)は、前年同期と比較して新作の種類が少なく、またamiiboを使って楽しめる新作ソフトが少なかったため、フィギュア型が約160万体、カード型が約130万枚の販売となった。

ダウンロードビジネスは、Nintendo Switchのパッケージ併売ソフトやダウンロードコンテンツによる売上が順調に伸び、ダウンロード売上高合計では110億円(前年同期比41%増)となった。

スマートデバイスビジネスでは、前期に配信を開始した『スーパーマリオ ラン』や『ファイアーエムブレム ヒーローズ』が継続してユーザーに、スマートデバイス・IP関連収入等の売上は90億円(前年同期比5.5倍)となった。

なお、2018年3月期通期の業績予想は、従来予想から変更なく、売上高7500億円(前期比53.3%増)、営業利益650億円(同2.2倍)、経常利益600億円(同19.1%増)、当期純利益450億円(同56.1%減)の見込み。Nintendo Switchについては、7月に『Splatoon 2』を、10月には『スーパーマリオ オデッセイ』をそれぞれ全世界で発売する予定だ。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年4-6月決算任天堂

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事