17年4-6月決算、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報】サイバーエージェント、3Qは営業益35%減で着地…「...

【速報】サイバーエージェント、3Qは営業益35%減で着地…「AbemaTV」など動画事業への先行投資で QonQでは全体、ゲーム事業ともに減収減益に(グラフ追加・追記)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
サイバーエージェント<4751>は、7月27日、2017年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表、売上高2694億円(前年同期比19.7%増)、営業利益208億円(同35.9%減)、経常利益194億円(同39.0%減)、四半期純利益30億円(同75.5%減)となった。
 

増収ながら大幅な減益となっているのは、「AbemaTV」などの動画事業を中長期の柱に育てるための先行投資を強化したため。なお、セグメント別の状況は以下のとおり。

①メディア事業
「AbemaTV」などの動画事業への先行投資により、売上高は188億円(前年同期比16.2%増)、営業損益は144億円の赤字(前年同期23億円の赤字)となった。

②ゲーム事業
既存タイトルが堅調な中、新たなヒットを創出し、売上高は1039億円(同18.1%増)、営業利益は212億円(同11.7%減)となった。

③インターネット広告事業
スマートフォン向けのインフィード広告や動画広告の順調な販売などにより、売上高は1524億円(同19.5%増)、営業利益は141億円(同21.1%増)となった。

④投資育成事業
コーポレートベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・ベンチャーズにおけるファンド運営などが属しており、売上高は17億円(同161.9%増)、営業利益は6億円(前年同期1億円の損失計上)となった。

⑤その他事業
シーエー・モバイル、ウエディングパークなどが属しており、売上高は93億円(同34.8%増)、営業利益は12億円(同66.2%増)となった。

■QonQでは減収減益、ゲーム事業も減収減益に
業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、売上高は前四半期比4.0%減の895億円、営業利益は同17.2%減の65億円、経常利益は同18.3%減の60億円、四半期純利益は同70.7%減の3億円となった。

また、ゲーム事業を見ると、売上高は同6.7%減の334億円、営業利益は同12.9%減の68億円となっている。『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』(『ガルパ』)がこの四半期からフル寄与しているのだが、そのほかのタイトルが落ち込んだ影響が出ている可能性がありそうだ。
 

なお、2017年9月期通期の予想は、従来予想から変更なく、売上高3600億円(前期比15.9%増)、営業利益280億円(同23.9%減)、経常利益267億円(同24.5%減)、当期純利益100億円(同26.5%減)と増収減益の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年4-6月決算サイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3106億円、営業利益367億円、経常利益353億円、当期純利益136億円(2016年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事