17年4-6月決算、enishに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > enish、2Qは売上高22%減、4.3億円の営業赤字を計上...

enish、2Qは売上高22%減、4.3億円の営業赤字を計上 『プラチナ☆ガール』譲渡などで売上高が減少 四半期売上高は20四半期ぶりの10億円割れ(グラフ追加・追記)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
enish<3667>は、7月27日、2017年12月期の第2四半期累計(1~6月)の決算(非連結)を発表、売上高19億3700万円(前年同期比22.8%減)、営業損益4億3200万円の赤字(前年同期1億5800万円の赤字)、経常損益4億1500万円の赤字(同1億6600万円の赤字)、四半期純損益4億7900万円の赤字(同2億3800万円の赤字)と大幅に赤字幅が拡大した。

ただし、6月20日発表の修正予想と比較するとやや赤字幅が縮小した。
 

市場の環境の変化に対応するため、ネイティブアプリへ注力していく方針に伴い、ブラウザゲームの『プラチナ☆ガール』をビジュアライズへ譲渡した。既存タイトルに関しては、注力タイトルはゲーム内の施策を強化および運営品質の改善を行い、引き続き売上収益に貢献しているが、タイトル譲渡の影響もあり売上高は減少した。ネイティブアプリ『12オーディンズ』は、累計200万ダウンロードを突破し、大型IPとのコラボレーションの実施などの施策を行った。また、中国のOPD2C社と独占的ライセンス契約を締結し、中国にて配信することも決定した。

2017年6月には、ヤフー<4689>が運営する「Yahoo!ゲーム」のスマートフォン向け人気ゲームアプリをWindowsパソコンで楽しむことができるPC用アプリケーション「Yahoo!ゲーム プレイヤー」が提供開始され、その開発を担当した。また、下期には「欅坂46」初となる公式ゲームアプリ『欅のキセキ』のリリースを予定している。

非ゲーム事業では、2017年4月に、人気占い師のイヴルルド遙華氏が全面監修する婚活アプリ「metune」をリリースした。また、ファッションレンタルサービス「EDIST.CLOSET」は、人気スタイリストやアパレルとコラボレーションした旬のコーディネートセットが人気を獲得し、順調に会員数が増加している。

■四半期ベース売上高が20四半期ぶりに10億円を割り込む
業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、売上高は前四半期比14.3%減の8億9400万円と2012年12月期の第2四半期(4~6月)以来、20四半期ぶりに10億円を割り込んだ。また、営業損益は2億3000万円の赤字、経常損益は2億1400万円の赤字、四半期純損益は2億7800万円の赤字とQonQで赤字幅が拡大した。
 

なお、2018年12月期の業績見通しは非開示。モバイルゲーム事業を取り巻く環境の変化が激しく、信頼性の高い業績予想を算出することが困難であるため、としている。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年4-6月決算enish

企業情報(株式会社enish)

会社名 株式会社enish
URL http://www.enish.jp/
設立 2009年2月
代表者 安徳孝平
決算期 12月
直近業績 売上高66.24億円、営業利益11.09億円、経常利益10.78億円、当期利益6.53億円(2013年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3667

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事