17年4-6月決算、ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報2】年内リリース予定の新作『きららファンタジア』には「...

【速報2】年内リリース予定の新作『きららファンタジア』には「期待の高さを感じている」(ドリコム内藤社長)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ドリコム<3793>の内藤裕紀社長(写真)は、この日(7月27日)開催した決算説明会で、アニプレックスと芳文社と取り組んでおり、2017年中にリリース予定の新作『きららファンタジア』について、「期待の高さを感じている」と手応えを述べた。事前登録もまだ行っていないのだが、公式Twitterにはすでに5万人を超えるフォロワーがいる。
 


「まんがタイムきららは、知っている人はよく知っている雑誌だ。深夜アニメでは、この雑誌からアニメ化された作品が毎四半期、必ずといっていいほど人気上位に入る」。また、『週刊少年ジャンプ オレカコレクション!』と同じく、キャラクター総出演となるが、毎四半期、何かの作品がアニメ化されているという。

版権タイトルでは、原作となる作品のキャラクターやストーリーなど素材を使いきってしまうと、新規要素の追加が難しくなり、運営成績に響くことがあるが、定期的に新しい作品がアニメ化されるため、キャラクターやストーリーが尽きることがなく、「コアなファンには長く楽しんでもらえる作品になるのでは」との見方を示した。

このほか、ドリコムでは、『きららファンタジア』と『Project LayerD』以外に、未発表の新規IPタイトル3タイトルの開発を行っているほか、2019年3月期以降にリリースを目指すタイトルの開発も進めていることを明かした。
 
 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコム17年4-6月決算

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高65億3400万円、営業損益2億0600万円の赤字、経常損益2億1700万円の赤字、最終損益5億3700万円の赤字(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事