B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』、マーベラスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【イベント】B-PROJECT on STAGE 『OVER...

【イベント】B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』上演開始! 仲間と共に大きな波を乗り越えるアイドル達の物語が展開

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


マーベラス<7844>は、本日7月28日より、「B-PROJECT」を原作とした、B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』を、東京.銀河劇場にて上演を開始する。

「B-PROJECT」は、総合プロデュース:西川貴教、企画・原作:志倉千代丸、キャラクターデザイン:雪広うたこの豪華制作陣が送るアイドルプロジェクト。2015年9月にプロジェクトが開始、4グループ(キタコレ、THRIVE、MooNs、KiLLER KiNG)からなるユニット。B-PROJECTとしては勿論、各グループからもシングルを現在3枚リリース。さらに、2016年7月から9月までテレビアニメ化され、人気・知名度が拡大。《さまざまなメディアを巻き込むアイドルエンタテインメントストーリーズ》という作品観を重視し、出演声優がパーソナリティを務めるLOVE&ARTチャンネルニコ生ラジオ「ガンダーラBB+」も大人気となっている。今年6月にはスマートフォンゲーム『B-PROJECT 無敵*デンジャラス』も配信開始している。

本稿では、そんな「B-PROJECT」を原作とした、B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』の、公演に先駆けて行われた、オフィシャル会見と、ゲネプロの様子をお伝えする。
 

■各ユニットから2名づつ登場したオフィシャル会見




オフィシャル会見には、各ユニットから2名づつ、キタコレの北門倫毘沙 役の佐々木喜英さん、是国竜持 役のとまんさん、THRIVEの金城剛士 役の岸本勇太さん、愛染健十 役の藤田 富さん、MooNsの増長和南 役の田口 涼さん、釈村帝人 役の平牧 仁さん、KiLLER KiNGの不動明謙 役の大平峻也さん、寺光遙日 役の滝澤 諒さんが登場した。

最初に今回のB-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』に出演が決まった時の気持ちをそれぞれ答えた。

佐々木さんは、「原作のアニメが大好きで、出演が決まった時には本当に嬉しかったです。アニメを見ていたことろには舞台化したらとても面白い作品だと思って見ていました。今回は舞台版のオリジナルストーリーが展開されるのでとても楽しみです。」と、B-PROJECTの愛を感じるコメントをした。

まんさんは、「舞台経験の少ない僕にとって初めての2.5次元の作品となります。何が何だかわからない僕を、周りのキャストやスタッフの方々支えてくれて、とても楽しい気持ちで初日を迎えることができました。大事に演じていきたいと思います。」とコメント。

岸本さんは、「僕にとってこの作品が初めての舞台となります。金城という役を研究するうちにアーティストとしてとても尊敬できる人だと感じました。そんな金城の熱いところを演じられたらと思っております。」と意気込みを語った。

藤田さんは、「2.5次元舞台はこれが初めてとなります。とても出演したかったので、決まった時は嬉しかったです。大人でセクシーな役なので、毎日バスローブを着てセクシーさを演出してました。」とコメントし、報道陣を沸かせた。

田口さんは、「決まった時は、感謝と不安で胸がいっぱいでした。ですが頼り甲斐のあるキャストに支えられて、今はとても演じられるのが楽しみです。」とコメント。

平牧さんは、「夢を与えるアイドルを演じられるということがとても嬉しく思っています。年齢としてはアイドルには微妙だですが、精一杯キラキラします!」と、ちょっと自虐的なネタを挟みつつも意気込んだ。

大平さんは、「今回オーディションで選んでいただいたのですが、オーディション準備のためにアニメ版を見て見たらKiLLER KiNGが登場していなかったんです。」というエピソードを披露。「すごくファンに愛されている作品、キャラクターなのでファンの方に喜んでもらえるよう頑張って演じます。」とコメントした。

滝澤さんは、「決まった時は驚きでいっぱいでした。アニメも好きだったので、永久パラダイスを歌えるメンバーになれたのがとても嬉しいです。」とコメントした。

続いては、それぞれのユニットの紹介を。

キタコレは、4グループある中で少数精鋭のユニットで、だけどもとても存在感があるとコメント。キャッチコピーの通り、王子様感を出していきたいとした。

THRIVEは、一人一人が自分が一番だと思い込んでてギラギラしているため、衝突が絶えないグループだとし、そんな中でもあったかいシーンが度々あるとコメントした。

MooNsは、バライティ担当とし、明るく元気なグループだとした。「毎日何かしら怒られてました。」と、楽しげな一面を紹介。

KiLLER KiNGは、新米だけどだからこそのフレッシュさがあるグループで、みんなに支えたいと思ってもらえるようなチームだと話した。

最後にこれからみる観客の方へメッセージとして、それぞれ「お客さんと作っていくステージ」、「お客さんと触れ合えるステージ」とし、会場全員で作っていく舞台だということをアピール。

佐々木さんは、「顔合わせの時に、「2.5次元の中の伝説の舞台にしたい」という言葉をもらいました。この舞台をきっかけにさらにB-PROJECTを大きくしたいと思っております。大きな波を乗り越えていく僕らB-PROJECTをぜひ見てください。」とし、オフィシャル会見を締めた。

 

■仲間と一緒に波を乗り越えていく!B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』




ストーリーは、B-PROJECTが毎年夏に放送される人気番組である26時間テレビに出演が決まったところから始まる。B-PROJECTのグループの中から、26時間テレビ内で行われる歌謡番組の司会を決めることになり、各グループは2週間の間、司会獲得の為に各々仕事に精を出す。



一番新人であることを気にしつつも、B-PROJECTの為に頑張るKiLLER KiNGの4人。そんな思いが通じてか、キタコレ、THRIVE、MooNsのメンバーは、司会をKiLLER KiNGの4人に任せることを決める。



KiLLER KiNGとして初めての大きな仕事。そこで、急に司会業と同じ日に仕事が唯月と遙日に入ってしまう。ハリウッド映画の試写会という大きな仕事。唯月と遙日には、KiLLER KiNGを優先するか、個人の仕事を優先するかの選択が迫られる。明謙は「両方やれます!」と宣言。



そして26時間テレビ当日。それぞれ別々に行動するKiLLER KiNGだが、試写会の時間が押してしまい…

KiLLER KiNGの4人は、無事に初の大きな仕事をやり遂げることができるのか。そして、キタコレ、THRIVE、MooNsのメンバーは?ライバルとの関係、仲間の大切さが胸を打つ物語が展開される。



B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』では、アイドルがテーマの作品ということで多くのライブシーンが登場。様々な楽曲がパフォーマンスされ、メンバーが客席に降りてくることもあるので是非うちわやペンライトなどの応援グッズで応援したい。



また、アイドルならではのお仕事、ラジオの収録や撮影、バラエティ番組への出演等も舞台上で再現。B-PROJECTのメンバーのお仕事っぷりを感じられる舞台となっている。





そんなB-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』、本日より8月6日まで、東京.銀河劇場にて上演。回によっては、キャストによるお見送りやアフタートークも実施される。



 

公演概要 


◆タイトル:B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』
◆原案・原作:B-PROJECT
◆脚本: 香村純子/登米裕一
◆演出: 伊藤マサミ
◆振付: Sup!!

◆キャスト:
【キタコレ】北門倫毘沙 役:佐々木喜英 是国竜持 役:とまん/
【THRIVE】金城剛士 役:岸本勇太 阿修悠太 役:三谷怜央 愛染健十 役:藤田 富/
【MooNs】増長和南 役:田口 涼 音済百太郎 役:木津つばさ 王茶利暉役:上仁 樹 野目龍広 役:千綿勇
平 釈村帝人 役:平牧 仁/
【KiLLER KiNG】寺光唯月 役:大海将一郎 寺光遙日 役:滝澤 諒 不動明謙 役:大平峻也 殿 弥勒 役:川
上将大/
【OTHERS】夜叉丸朔太郎 役:井深克彦 他

◆劇場・日程
【舞台公演】 天王洲 銀河劇場 2017年7月28日(金)~8月6日(日)
【LIVE】 Zepp DiverCity(TOKYO) 2017年8月16日(水)~17日(木)

◆チケット価格:
【舞台公演】 一般指定席 ¥7,800(税込)/プレミアム指定席(ペンライト付) ¥11,000(税込)
【LIVE】 オールスタンディング ¥7,800(税込)



■関連サイト

公式サイト



©MAGES./STAGE B-PROJECT
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』マーベラス

企業情報(株式会社マーベラス)

会社名 株式会社マーベラス
URL https://www.marv.jp/
設立 1997年6月
代表者 中山晴喜
決算期 3月
直近業績 売上高318.20億円、営業利益54.18億円、経常利益52.28億円、当期純利益36.02億円(2016年3月期
上場区分 東証一部
証券コード 7844

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事