17年4-6月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナムHD、ゲーム事業は増収減益…『ドッカンバトル』や『ト...

バンナムHD、ゲーム事業は増収減益…『ドッカンバトル』や『トレクル』『アイマス』などモバイル好調も家庭用ゲームで反動減

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンダイナムコホールディングス<7832>の第1四半期決算のネットワークエンターテインメント事業は、売上高が前年同期比7.1%増の917億円、セグメント利益が同23.4%減の127億円と増収減益だった。ネットワークゲームが好調だったものの、家庭用ゲームソフトでの減収が響いたもようだ。

カテゴリー別の内訳を見ていくと、モバイルオンラインゲームを中心とするネットワークコンテンツが同30.9%増の457億円と大きく伸ばした。『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』や『ワンピース トレジャークルーズ』、「アイドルマスター」の既存主力タイトルが好調に推移したほか、新作タイトル『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』が好スタートを切ったという。月商で150億円を超えた。

 


他方、家庭用ゲームソフトは27.9%減の214億円だった。これが同事業の主な減益要因だったといえよう。前年同期は、利益率の高い新作タイトル(『DARK SOULS Ⅲ』とみられる)が人気となったが、今期はそれがなかったとのこと。販売本数をみると、アメリカとヨーロッパを中心に減少しており、前年同期比25.5%減の560万本となった。

 


このほか、業務用ゲームについては同17.2%減の67億円、アミューズメント施設は4.3%増の143億円となった。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年4-6月決算バンダイナムコホールディングス

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高5654億円、営業利益563億円、経常利益593億円、当期純利益375億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事