17年4-6月決算、ミクシィに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ミクシィ、第1四半期は営業益は横ばいの202億円 『モンスト...

ミクシィ、第1四半期は営業益は横ばいの202億円 『モンスト』などゲーム横ばい チケットキャンプなどメディア事業が急成長【追記】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ミクシィ<2121>は、本日(8月8日)、第1四半期(4~6月)の連結を発表し、売上高482億円(前年同期比1.9%増)、営業利益202億円(同0.4%増)、経常利益201億円(同0.8%増)、最終利益137億円(同1.0%増)と増収増益で着地した。

 


わずかな増益となったが、主力のエンターテインメント事業が減益となった一方、メディアプラットフォームの営業利益が伸びたことが主な要因だった。

セグメント別の状況は以下のとおり。

■エンターテインメント事業
売上高449億円(同2.2%増)、セグメント利益210億円(同1.2%減)だった。「モンスターストライク」については 国内外で、TVCMや屋外広告等のプロモーション、eスポーツ促進を含むリアルイベントの実施、グッズの製作、映画 や人気アニメとのタイアップ、オリジナルアニメの配信や劇場版公開などに加え、グッズ販売等を 行う常設店舗を東京・渋谷にオープンした。また、ゲーム利用者数は2017年1月には全世界で4000万人を突破した。

■メディアプラットフォーム事業
売上高32億円(同2.2%減)、セグメント利益8億円(同168.7%増)と大幅な増益となった。チケットフリマサービス「チケットキャンプ」は3月に登録会員数が 300万人を突破するなど流通総額と利用者数ともに順調に拡大した。また、家族向け写真・動画共有アプ リ「家族アルバム みてね」は1月には利用者が100万人を突破、7月には英語対応を開始した。新規事業の立ち上げを加速すべく先行投資を実施しているという。


【追記】
前四半期との比較を見ると、売上高482億円(前四半期比24.8%減)、営業利益202億円(同37.8%減)、経常利益201億円(同37.9%減)、最終利益137億円(同34.7%減)と大幅な減収減益だった。売上と利益が大きく低下したが、同社によると、『モンスターストライク』周年・年末年始イベントを経て、通常期の運用レベルに戻ったとのこと。前の四半期は良すぎたという見方だ。四半期別の売上高・営業利益の推移は以下のとおり。
 
 

■2018年3月通期の見通し


2018年3月通期は、売上高2000億円(前期比3.5%減)、営業利益700億円(同21.4%減)、経常利益700億円(同20.9%減)、最終利益480億円(同19.8%減)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社ミクシィ)

会社名 株式会社ミクシィ
URL http://mixi.co.jp/
設立 1997年11月
代表者 森田仁基
決算期 3月
直近業績 売上高2087億円、営業利益950億円、経常利益947億円、最終利益610億円(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2121

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事