17年4-6月決算、タカラトミーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > タカラトミー、1Qは営業益18億円と大幅黒字転換 「ベイブレ...

タカラトミー、1Qは営業益18億円と大幅黒字転換 「ベイブレード」好調 リカちゃんやトミカなど定番も貢献 「トランスフォーマー」輸出も寄与

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
タカラトミー<7867>は、第1四半期(4~6月)の連結決算を発表し、売上高384億8700万円(前年同期比13.9%増)、営業利益18億3500万円(前年同期1億円の赤字)、経常利益16億9900万円(同8億0700万円の赤字)、最終利益12億1800万円(同10億3300万円の赤字)だった。

 


2ケタの増収と利益も黒字転換となるなど、業績が大きく改善したが、国内とアジア市場における玩具販売や、「トランスフォーマー」「ベイブレードバースト」の海外向け輸出が好調に推移したため、と説明している。海外ビジネスの利益改善も利益を押し上げる要因となった。

国内市場では「ベイブレードバースト」が好調に推移した。定番商品では、今年50周年を迎えたロングセラー「リカちゃん」や新たにテレビアニメを開始した「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド」関連商品が好評を博した。海外市場では、「ポケットモンスター」関連商品の売上が伸長したものの、ベビープリスクール関連商品の売上高が減少した。一方、前期に実施した一部商品の値引き販売が今期減少したことなどから収益性が改善した。


 

■2018年3月通期の見通し


2018年3月通期は、売上高1700億円(前期比1.4%増)、営業利益80億円(同3.3%増)、経常利益80億円(同2.3%増)、最終利益55億円(同2.4%増)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( タカラトミー17年4-6月決算

企業情報(株式会社タカラトミー)

会社名 株式会社タカラトミー
URL http://www.takaratomy.co.jp/
設立 1953年1月
代表者 富山幹太郎/ハロルド・ジョージ・メイ
決算期 3月
直近業績 売上高1499億円、営業利益24億円、経常利益20億円、最終損益18億円の赤字(2015年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7867

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事