アルファポリスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アルファポリス、第1四半期は大幅増収増益…出版事業が回復、ゲ...

アルファポリス、第1四半期は大幅増収増益…出版事業が回復、ゲームは費用先行に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファポリス<9467>は、8月10日、第1四半期(4~6月)の決算は、売上高8億5200万円(前年同期比30.7%増)、営業利益5100万円(同33.9%増)、経常利益5000万円(同34.4%増)、最終利益3200万円(同38.0%増)だった。

 


大幅な増収増益となったが、主力の出版事業で電子書籍販売が堅調に推移したほか、昨年発生した『ゲート』関連書籍の一時的な返本は発生しなかった、としている。他方、同ゲーム事業については、大幅な増収となったが、赤字幅が拡大した。

ゲーム事業を見ると、『リ・モンスター(Re:Monster)』は5月に「ゴブリンフェスティバル」が好評で、単月で過去最高の売上高を更新した。『THE NEW GATE』と『異世界でカフェを開店しました。』は厳しい状況だという。

また、PCブラウザゲーム『ワンモア・フリーライフ・オンライン』について「1周年記念イベント」でユーザー回帰が進み、売上高が徐々に回復。一方、『月が導く異世界道中』については厳しい結果になっているとのこと。

続く2018年3月通期は、売上高35億円(前期比9.9%増)、営業利益2億円(同14.9%増)、経常利益2億円(同14.1%増)、最終利益1億1500万円(同13.8%増)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事