17年4-6月決算、エクストリームに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エクストリーム、1Qは売上高横ばいも営業益40%減に ゲーム...

エクストリーム、1Qは売上高横ばいも営業益40%減に ゲームサービスの協業開発サービスで受注損失が発生 ソリューション事業は旺盛な需要が続く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エクストリーム<6033>は、8月14日、2018年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高8億1000万円(前年同期比0.8%増)、営業利益6600万円(同40.1%減)、経常利益6600万円(同36.4%減)、当期純利益3800万円(同42.2%減)となった。
 

各セグメントごとの状況は以下の通り。

①ソリューション事業…売上高7億9300万円(前年同期比1.5%増)、セグメント利益1億9000万円(同21.4%減)
スマートフォンを中心とした開発案件における旺盛な需要に支えられ、受注が安定的に推移し、人材ソリューションサービスにおける稼働プロジェクト数は1,035となった。

②コンテンツプロパティ事業…売上高1654万円(同22.6%減)、セグメント損益49万円の赤字(前年同期1165万円の赤字)
ライセンスサービスは、保有IPである「改造町人シュビビンマン」の家庭用ゲーム化権を他社にライセンスアウトし、その許諾製品が第1四半期において発売された。協業開発サービスは、大手ゲームパブリッシャーから開発案件を受注した。ただし、利益面では、ゲームサービスにおいて、一部タイトルの売上高が計画を下回ったこと、また協業開発サービスにおいて、受注損失が発生したことからセグメント損失が発生した。

なお、2018年3月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、売上高38億2900万円(前期比16.4%増)、営業利益2億9200万円(同32.9%減)、経常利益2億9200万円(同32.4%減)、当期純利益1億7700万円(同36.3%減)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エクストリーム17年4-6月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事