総務省に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 総務省、国内ブロードバンド契約者の5月の総ダウンロードトラフ...

総務省、国内ブロードバンド契約者の5月の総ダウンロードトラフィックは39%増の9.6Tbpsと発表…時間帯では21~23時が最も多い

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
総務省は、8月15日、日本国内のブロードバンド契約者の5月における推定トラフィックの状況をまとめ、総ダウンロードは約9.6Tbps(前年同月比39.0%増)、アップロードは約1.8Tbps(同35.9%増)だったと発表した。いずれも過去最高となった。

この調査は、総務省が国内主要ISP5社と、インターネットエクスチェンジ5団体、研究者の協力を得て、集計・試算を行ったとのこと。

 


一契約あたりのトファ一句も増加しており、ダウンロードで約247.3kbps(同37.0%増)、アップロードで約46.6kbps(同33.9%増)となった。

 


また時間帯のトラフィックの状況については、ピークは21~23時になる。また土曜日と日曜日については、日中時間帯の利用が多くなるとのこと。

 


このほか、固定通信と移動通信の状況も明らかになっている。固定通の総ダウンロードは9559Gbps(同39.0%増)だったのに対し、移動通信は1567Gbps(同37.6%増)となった。圧倒的に固定通信が多い。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 総務省

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事