武器よさらば、グリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームセミナー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【CEDEC2017】キャラクターモーションに対する熱いこだ...

【CEDEC2017】キャラクターモーションに対する熱いこだわりが生んだ、『武器よさらば』の薙ぎ払う爽快感

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
グリー<3632>は、8月30日開催の「CEDEC2017」にて、「キャラクターモーション「薙ぎ払う爽快感」を支える四つの制作手法-モバイル3Dアクション『武器よさらば』の事例-」と題したセッションを実施。

同セッションに、Wright Flyer Studios事業本部の代一龍氏(NT Production部 Animationチーム シニアアニメーター)が登場。『武器よさらば』の事例から、モバイル3Dアクションゲームにおけるキャラクターモーション制作のノウハウや、連続攻撃・必殺技のモーション設計、キャラクターモーション制作におけるポージングや運動連鎖について語った。


▲代一龍氏。


今回の講演目的について、「自分の失敗と苦労の経験を共有して誰かの役に立ちたい。連続攻撃モーションに関する資料が欲しかった」と代氏。代氏が携わる『武器よさらば』は、大量の敵を一気に薙ぎ払う爽快感が魅力のアクションゲームであり、自身が理解する爽快感も「掃除するように、大量の敵を薙ぎ払って、ヒット数をどんどんあげていく」事。




その爽快感を生み出すためのポイントが、以下の4つだという。

1.プレイヤーが薙ぎ払う
2.リズム良く中断せず=どんどん
3.大量の敵がやられていく
4.ヒット範囲=掃除する場

逆に、爽快感がないということは、上記のポイントに対して様々な課題があるため。その課題を踏まえて、どうすれば爽快感のあるモーションに改善できるかを代氏が紹介した。




まず、開発開始時点で、カメラアングルが俯瞰、キャラ表示サイズが小さい、頭身が低いといった制作の制限があったと代氏。それら制限の中でカメラアングルや表示サイズを変化させることで視認性を良くするこをと考えた。連撃モーションについて、最初は3連撃のモーションを作成したが、「3連撃では寂しいと感じ、チームの意見を聞いて5連撃にした」(代氏)。また、チームの中にアクションへのこだわりが強い面がメンバーがいたそうで、その意見を参考に、キャラクターの骨盤の上下の動きや剣先の止めと流れといったモーションに統一と変化を付けた。





モーションが単調だった原因を、代氏は「ワンパターンだった」と振り返る。ワンパターンな連撃モーションを改善するため、タメのポージングや、重心を移動(上下移動、軸足に重心を寄せる等)させることでキャラクターの動きにメリハリを持たせたというわけだ。






また、キャラクターのスキルモーションについても触れた。スキルによる攻撃が敵にヒットする間隔の編集や、フレームを調整してヒットリズムに変化を付けたりポージングのタメを入れるなど、代氏は様々な工夫を凝らしたそうだ。




敵キャラが攻撃を受ける、いわゆる“やられモーション”にも様々な手法が。代氏は、目標として一画面に100体を表示したかったそうだが、エンジニアに相談したところ3Dモデリングでは無理との意見が。そこで2Dプレレンダリング手法を採用したが、画像数制限が課題として浮上した。そこで「フレームレートとカメラアングルを少なめにした」(代氏)とし、画像数を減らす対策をとったそうだ。そのほか、少ないモーション数でやられのバリエーションを作り、敵のモーションにもメリハリをつけた。




最後に、スキルを出したときのヒット範囲の整理について。攻撃が当たらないというのは、爽快感につながらない。代氏も「掃除機のように漏れなく敵を薙ぎ払う」ことが爽快感だと言い、当てにくいスキルヒット範囲を例に、各ヒットの範囲を重ねたとき、全体範囲はどういう形になるか、そして各ヒットにどういう関連性が持たされているかと注意点として挙げた。




「薙ぎ払う爽快感」を表現するため、代氏が紹介した四つの制作手法が『武器よさらば』の大きな武器になっているようだ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Wright Flyer StudiosCEDEC 2017グリー

企業情報(株式会社Wright Flyer Studios)

会社名 株式会社Wright Flyer Studios
URL http://www.wrightflyer.net/
設立 2014年2月
代表者 荒木英士
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

企業情報(グリー株式会社)

会社名 グリー株式会社
URL http://www.gree.co.jp/
設立 2004年12月
代表者 田中良和
決算期 6月
直近業績 売上高924億5600万円、営業利益202億3300万円、経常利益250億900万円、当期純損益103億2200万円の赤字(2015年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3632

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事