アミューズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > LINE、アミューズ、テイパーズと共同出資会社「LINE T...

LINE、アミューズ、テイパーズと共同出資会社「LINE TICKET」設立…次世代の電池チケットサービスを18年に提供へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
LINE<3938>とアミューズ<4301>、テイパーズの3社は、9月1日付で、共同出資会社「LINE TICKET」を設立するとともに、バンダイナムコライブクリエイティブ、エンジンと資本業務提携を行うと発表した。

新会社は、現在のチケット流通における不正転売問題、公式リセールなどの課題を解決するとともに、ライブコンサートのみならず、舞台やスポーツなどあらゆるエンターテインメントライブ産業の発展に寄与する、お客様にとっても最良となる次世代の電子チケットサービスとして、新サービス「LINEチケット」を提供していく。2018年中のサービス開始を目指す。

「LINEチケット」では、「LINE」プラットフォームを活用した電子チケットサービスを展開することで、LINE IDを活用した転売対策のほか、主催者からユーザーへ、ユーザーからユーザーへと「LINE」上でチケットのやり取りが可能になるなど、「LINE」ならではの機能を活かしたサービスを提供する予定。

さらに、チケットの健全な二次流通を実現するため、主催者公認かつ、市場原理に即した価格設定を可能にする二次流通の仕組みの構築を検討しているという。



<LINE 取締役 舛田淳氏 コメント>
「LINE」は、国内における月間利用者数7,000万人を超えるコミュニケーションサービスとして、多くのユーザーにご利用いただいております。「LINEチケット」では、「LINE」プラットフォームを活用することで、チケット業界における課題を解決し、アーティスト、ユーザーの双方にとってメリットのあるサービスを実現いたします。
また、「LINE」の公式アカウント、「LINE BLOG」、「LINE MUSIC」、「LINE Pay」などLINEが展開するファミリーサービスとの連携により、さらなる利便性の向上を目指してまいります。アミューズ社をはじめとする各社とともに、チケット業界に革新をもたらすべく、魅力あるサービスの開発および実現に向けて努めてまいります。



<アミューズ 取締役 専務執行役員 相馬信之氏 コメント>
私どものエンターテインメントビジネスはお客様により良いコンテンツを提供して喜んでいただくと共に、取り巻く環境のストレスを最小限にしていく使命も同時にあります。 
今や生活インフラとも言えるプラットフォームを提供するLINE社と一緒にサービスを構築することで、コンサートや舞台のみならず、スポーツイベントなど、あらゆるエンターテインメントがさらに身近な存在となり、お客様にとって、最も使いやすいチケットサービスとなるよう努めてまいります。
また、100%電子チケットに振り切るサービスを作ることで、今ある課題をクリアしつつ、お客様と主催者・アーティストをスムーズに繋ぐことにより、エンターテインメント業界全体にとっても最高・最良の電子チケットサービスを目指してまいります。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アミューズLINE TICKETLINE

企業情報(LINE株式会社)

会社名 LINE株式会社
URL http://linecorp.com/
設立 2000年9月
代表者 出澤 剛
決算期 12月
直近業績 売上収益1206億6983万円、営業損益95億2418万円の赤字、当期純損益79億7211万円(2015年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3638

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事