エディアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(9/4)】軒並み安の中でサイバーエージェント...

【ゲーム株概況(9/4)】軒並み安の中でサイバーエージェントがプラス圏で着地 新株予約権の大量行使による希薄化などを嫌気してエディアが急落

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
9月4日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりに反落し、前日比183.22円安の1万9508.25円で取引を終えた。北朝鮮が3日に核実験を強行したことで、地政学リスクへの警戒が一気に市場全体に広がる展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、軒並み安の展開となる中で、サイバーエージェント<4751>がプラス圏での着地となった。

半面、下げ幅の大きさが目立ったのはAiming<3911>やアクセルマーク<3624>、アエリア<3758>、トーセ<4728>、エディア<3935>などとなっている。エディアは、EVO FUNDを割当先とした第9回新株予約権のうち、発行総数の80%に相当する16万個が行使され、32万株を交付したことを前週末9月1日に発表(関連記事)しており、株式の希薄化を嫌気した売り物などに押される展開となったもようだ。
 

ほか、gumi<3903>やケイブ<3760>、KLab<3656>、ブロッコリー<2706>、アカツキ<3932>なども安く、前週末に買われていたコーエーテクモHD<3635>やコナミHD<9766>など大手ゲーム株もさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エディア

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事