バンダイに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームグッズ記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ​バンダイ、AI搭載の対話型コミュニケーションロボット「ガン...

​バンダイ、AI搭載の対話型コミュニケーションロボット「ガンシェルジュ ハロ」を「CEATEC JAPAN 2017」に参考出展 2018年発売を予定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

バンダイは、バンダイナムコグループが取り組むITエンターテインメントサービスブランド「BN・Bot PROJECT」の第1弾商品として、「ガンシェルジュ ハロ」(価格未定、2018年発売予定)を本日(10月3日)~6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」に参考出展する。

「ガンシェルジュ ハロ」は、アニメ「機動戦士ガンダム」の話題を語り合うことができるAI(人工知能)搭載の対話型コミュニケーションロボット。アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するマスコットロボット「ハロ」が“もし現代に存在していたら”をテーマに、アニメ「機動戦士ガンダム」の知識を豊富に持ったAI(人工知能)搭載の対話型コミュニケーションロボットとなっている。

最大の特徴はキャラクターの世界観に特化した楽しい会話を生み出すところで、ユーザーの発言を音声認識し、AIで意味と意図を分析。データベースから最適な会話をハロの声で返してくれるので、キャラクターや台詞、忘れられないシーンなど、作品にまつわるさまざまな会話を楽しむこができる。

バンダイナムコグループは、今後も新しい「テクノロジー×エンターテインメント」の可能性を広げ、商品・事業を通じてより楽しいコミュニケーションを生み出していく方針だ。

■「ガンシェルジュ ハロ」開発・協力企業 
【BN・Bot PROJECT】
・株式会社バンダイナムコスタジオ :遊び方、演出をバンダイと共同で企画

【協力】
・日本アイ・ビー・エム株式会社 :アニメ「機動戦士ガンダム」の内容に特化した、会話AI(人工知能)開発
・VAIO株式会社 :ハロ本体の機構、回路設計及び生産

【商品特徴】
①本体サイズは直径約19cmで、Wi-Fiを使いネットワークに接続することで会話する。アニメ「機動戦士ガンダム」に関する質問やうんちく、クイズなどさまざまな会話を楽しめる。

②目と口にはLEDを内蔵し、色や点滅で状態や表情を演出。前後左右に揺れたり、話をしている人の方向に向きを変えたりなど、愛らしい動きを再現。

③スマートフォンとBluetooth接続することで、外部スピーカーや目覚まし機能など、会話以外の機能も使用できる。

【商品概要】
商品名:ガンシェルジュ ハロ
価格:未定
発売日:2018年発売予定
直径:約19cm(重量:未定)
動作:前後左右の揺れ、話者方向への旋回
電池:内蔵充電池(充電用アダプター付属)
通信方式:Wi-Fi(会話にて使用) Bluetooth(スマートフォンでの設定、スピーカーモードで使用)
その他機能:外部スピーカー機能(Bluetooth接続) 目覚まし、タイマー機能
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイ

企業情報(株式会社バンダイ)

会社名 株式会社バンダイ
URL http://www.bandai.co.jp/
設立 1950年7月
代表者 代表取締役社長 上野 和典/代表取締役副社長 田口 三昭
決算期 3月
直近業績 売上高1323億円、営業利益110億円、経常利益122億円、当期純利益79億円(2013年3月期)
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事