アカツキに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(10/10)】『ドッカンバトル』と『エムステ...

【ゲーム株概況(10/10)】『ドッカンバトル』と『エムステ』が急上昇のアカツキが大幅続伸 引け後に決算発表を控えたトーセは警戒感から売られる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
3連休明けとなる10月10日の東京株式市場では、日経平均株価は6日続伸し、前日132.80円高の2万823.51円で取引を終えた。22日投開票の衆院選で野党の伸び悩み、与党の優勢とみる向きが強まったことで、国内景気の拡大を期待する買いが広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アカツキ<3932>が大幅続伸した。アカツキは、開発を手掛ける『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』と『アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!』(『エムステ』)がともにApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)で急上昇したことなどが市場から好感されたようだ。また、11月13日に発表を控える第2四半期決算への期待感もその評価の底流にあるもよう。

【関連記事】
【AppStoreランキング(10/10)】新たなSSR「孫悟空」登場の『ドッカンバトル』が2位 ライブ記念で『ミリシタ』が78→14位とバンナムが好調

バンナム、『アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!』で315スカウトガシャにSSR「Beit」を追加…売上ランキング115位→13位に急上昇
 

ほか、ミクシィ<2121>やグリー<3632>など主力株の一角が買われ、KLab<3656>やアクセルマーク<3624>などもしっかり。

半面、サイバーステップ<3810>が3日続落となり、アエリア<3758>やトーセ<4728>も売られた。トーセはこの日の大引け後に2017年8月期の決算発表を控えていたことで、その警戒感から売られる格好となったようだ。

【関連記事】
トーセ、17年8月期は売上高3%減ながら営業益18%増…大型スマホゲーム開発案件のスケジュール変更が影響 スマホゲーム開発の年間実績は30%増


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アカツキ

企業情報(株式会社アカツキ)

会社名 株式会社アカツキ
URL http://aktsk.jp/
設立 2010年6月
代表者 塩田元規
決算期 3月
直近業績 売上高115億円(前の期比93.9%増)、営業利益47億円(同121.3%増)、経常利益46億円(同133.1%増)、最終利益32億円(同195.9%増)(2017年3月期)
上場区分 マザーズ
証券コード 3932

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事