17年7-9月決算、イマジニアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イマジニア、第2四半期の営業利益は64%増の2億3200万円...

イマジニア、第2四半期の営業利益は64%増の2億3200万円…『LINEアキンド』や『すみっコぐらし』などスマホゲーム寄与

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イマジニア<4644>は10月31日、第2四半期累計(4~9月)の連結を発表し、売上高21億6200万円(前年同期比33.5%増)、営業利益2億3200万円(同64.6%増)、経常利益4億2300万円(同207.0%増)、最終利益1億7300万円(同214.2%減)だった。

 


主力のコンテンツ事業の売上が伸び、大幅な増益につながった。関係会社のSoWhatからリリースした『LINE アキンド星のリトル・ペソ』『すみっコぐらし ~パズルをするんです~』などスマートフォンゲームのほか、海外アニメ/ドラマ配信の売上が寄与したとのこと。再生可能エネルギー事業は引き続き投資先行となっている。

また、最終利益については、は国へのアニメコンテンツ提供において販売先からの支払遅延が生じているため、当該販売先への売掛債権の回収可能性を検討した結果、貸倒引当金繰入額1億2200万円を特別損失として計上したことが影響したとのこと。

続く2018年3月通期は、売上高40億円(前期比7.1%減)、営業利益4億円(同33.6%減)、経常利益5億6200万円(同30.3%減)、最終利益4億円(同32.7%減)を見込む。

 



なお、吸収合併した旧ロケットカンパニーのノウハウを活かし、Nintendo Switch向けのゲーム開発も開始したほか、SoWhatが新作スマートフォンゲームの開発に着手したことも明らかにした。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年7-9月決算イマジニア

企業情報(イマジニア株式会社)

会社名 イマジニア株式会社
URL http://www.imagineer.co.jp
設立 1986年1月
代表者 代表取締役会長 兼 CEO 神藏 孝之/代表取締役社長 兼 COO 澄岡 和憲
決算期 3月
直近業績 売上高36億8900万円、営業利益7億2400万円、経常利益7億6900万円、当期純利益5億1100万円(2013年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4644

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事