17年7-9月決算、エイベックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイベックス、第2四半期は6.3億円の最終赤字に転落

エイベックス、第2四半期は6.3億円の最終赤字に転落

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エイベックス<7860>は、11月2日、第2四半期(4~9月)の連結利益予想を下方修正し、営業利益を従来予想の11億円から8億4000万円、経常利益を11億円から6億1000万円、最終損益を1億円の黒字から6億3000万円の赤字にそれぞれ引き下げた。売上高については680億円から684億円に増額となった。

従来予想からの比較では、営業利益が23.6%減、経常利益が44.5%減となった。売上高は0.6%増だった。

 


最終赤字となったが、同社では、販売費及び一般管理費の増加に加えて、持分法適用会社の損失が増加したこと、繰延税金資産の計上が認められない費用が増加したことなどを主な理由としてあげている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年7-9月決算エイベックス

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事